2018年度JRA賞・JRA賞馬事文化賞が決定【年度代表馬はアーモンドアイが受賞】

1月8日、JRAより2018年度JRA賞、JRA賞馬事文化賞および功労賞が発表されました。

 

2018年度JRA賞(競走馬部門)

競走馬部門は年度代表馬を含む10部門。

*馬齢は全て2018年時点のもの。

 

年度代表馬・最優秀3歳牝馬

アーモンドアイ(Almond Eye/JPN)

性・馬齢 牝・3歳(2015年3月10日 生)
ロードカナロア (JPN)
フサイチパンドラ(JPN)
母の父 サンデーサイレンス (USA)
馬主 (有)シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
調教師 国枝栄(美浦)
2018年成績

(通算成績)

5戦5勝(7戦6勝)
2018年の

主な勝鞍

桜花賞(G1)

優駿牝馬(G1)

秋華賞(G1)

ジャパンカップ(G1)

 

最優秀2歳牡馬

アドマイヤマーズ(Admire Mars/JPN)

性・馬齢 牡・2歳(2016年3月16日 生)
ダイワメジャー(JPN)
ヴィアメディチ(Via Medici/IRE)
母の父 Medicean(GB)
馬主 近藤利一
生産者 ノーザンファーム
調教師 友道康夫(栗東)
2018年成績

(通算成績)

4戦4勝(4戦4勝)
2018年の

主な勝鞍

朝日杯フューチュリティステークス(G1)

デイリー杯2歳ステークス(G2)

 

最優秀2歳牝馬

ダノンファンタジー(Danon Fantasy/JPN

性・馬齢 牝・2歳(2016年1月30日 生)
ディープインパクト(JPN)
Life For Sale (ARG)
母の父 Not For Sale (ARG)
馬主 (株)ダノックス
生産者 ノーザンファーム
調教師 中内田充正(栗東)
2018年成績

(通算成績)

4戦3勝(4戦3勝)
2018年の

主な勝鞍

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

ファンタジーステークス(G3)

 

最優秀3歳牡馬

ブラストワンピース(Blast Onepiece/JPN)

性・馬齢 牡・3歳(2015年4月2日 生)
ハービンジャー(Harbinger/GB)
ツルマルワンピース(JPN)
母の父 キングカメハメハ(JPN)
馬主 (有)シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
調教師 大竹正博(美浦)
2018年成績

(通算成績)

6戦4勝(7戦5勝)
2018年の

主な勝鞍

有馬記念(G1)

新潟記念(G3)

毎日杯(G3)

 

最優秀4歳以上牡馬

レイデオロ(Rey de Oro/JPN)

性・馬齢 牡・4歳(2014年2月5日 生)
キングカメハメハ(JPN)
ラドラーダ(JPN)
母の父 シンボリクリスエス(USA)
馬主 (有)キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
調教師 藤沢和雄(美浦)
2018年成績

(通算成績)

5戦2勝(12戦7勝)
2018年の

主な勝鞍

天皇賞・秋(G1)

オールカマー(G2)

 

最優秀4歳以上牝馬

リスグラシュー(Lys Gracieux/JPN)

性・馬齢 牝・4歳(2014年1月18日 生)
ハーツクライ(JPN)
リリサイド(Liliside /FR)
母の父 American Post(GB)
馬主 (有)キャロットファーム
生産者 ノーザンファーム
調教師 矢作芳人(栗東)
2018年成績

(通算成績)

7戦2勝(17戦4勝)
2018年の

主な勝鞍

エリザベス女王杯(G1)

 

最優秀短距離馬

ファインニードル(Fine Needle/JPN)

性・馬齢 牡・5歳(2013年4月26日 生)
アドマイヤムーン (JPN)
ニードルクラフト(IRE)
母の父 Mark Of Esteem (IRE)
馬主 ゴドルフィン
生産者 ダーレー・ジャパン・ファーム(有)
調教師 高橋義忠(栗東)
2018年成績

(通算成績)

6戦4勝(28戦10勝)
2018年の

主な勝鞍

高松宮記念(G1)

スプリンターズステークス(G1)

 

最優秀ダートホース

ルヴァンスレーヴ(Le Vent Se Leve/JPN)

性・馬齢 牡・3歳(2015年1月26日 生)
シンボリクリスエス(USA)
マエストラーレ(JPN)
母の父 ネオユニヴァース (JPN)
馬主 (株)G1レーシング
生産者 (有)社台コーポレーション白老ファーム
調教師 萩原清(美浦)
2018年成績

(通算成績)

5戦4勝(8戦7勝)
2018年の

主な勝鞍

チャンピオンズカップ(G1)

ジャパンダートダービー(Jpn1)

マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn1)

 

最優秀障害馬

オジュウチョウサン(Oju Chosan/JPN)

性・馬齢 牡・7歳(2011年4月3日 生)
ステイゴールド(JPN)
シャドウシルエット(JPN)
母の父 シンボリクリスエス(USA)
馬主 (株)チョウサン
生産者 坂東牧場
調教師 和田正一郎(美浦)
2018年成績

(通算成績)

4戦3勝(25戦14勝)
2018年の

主な勝鞍

中山グランドジャンプ(J・G1)

 

2018年度JRA賞(調教師・騎手部門)

*調教師部門は地方・海外の指定レースの成績を含む。

 

調教師部門

最多勝利調教師 藤原英昭(栗東)・勝利数 58勝
最高勝率調教師 木村哲也(美浦)・勝率 0.215
最多賞金獲得調教師 友道康夫(栗東)・獲得賞金 17億0,730万7,100円
優秀技術調教師 木村哲也(美浦)・勝率、1馬房あたりの勝利度数・獲得賞金・出走回数の得点により決定

 

騎手部門

JRA最多勝利騎手 C.ルメール(栗東)・勝利数 215勝
JRA最高勝率騎手 C.ルメール(栗東)・勝率 0.278
JRA最多賞金獲得騎手 C.ルメール(栗東)・獲得賞金 46億6,023万5,000円
騎手大賞 C.ルメール(栗東)
MVJ C.ルメール(栗東)・50ポイント
最優秀障害騎手 五十嵐雄祐(美浦)
最多勝利新人騎手 該当者なし
特別賞 武豊(栗東)
*JRA通算4000勝達成を評価

 

2018年度JRA賞馬事文化賞・功労賞

馬事文化賞は当該年度において文学、評論、美術、映画、音楽、写真、公演等を通じ馬事文化の発展に特に顕著な功績があった者。

功労賞は永年にわたり馬事文化の発展および振興に顕著な功績のあった者。

 

2018年度JRA賞馬事文化賞

受賞作品:競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできた

受賞者(著者):矢野吉彦 氏

競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできた (交通新聞社新書 122) [ 矢野吉彦 ]
created by Rinker
¥880 (2019/10/14 06:53:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

2018年度JRA賞功労賞

受賞者:原 良馬 氏(競馬解説者・競馬ジャーナリスト)

 

まとめ

JRA賞の競走馬で気になっていたのが最優秀2歳牡馬。2歳G1を勝った牡馬がそれぞれ別々でしたが、結局朝日杯フューチュリティS勝ち馬アドマイヤマーズが選ばれました。やはり、デイリー杯2歳S(G2)も勝っており重賞2勝していることが評価されたのでしょう。

 

最優秀障害馬はオジュウチョウサン。障害レースから再び平地レースへ舞い戻り、有馬記念出走を目標に平地レース2連勝。そして、ファン投票3位で目標だった有馬記念に出走しましたが、結果は残念ながら9着。

しかし、「オジュウチョウサンが有馬記念出走」というのがなければ、アーモンドアイ以外に競馬界を沸かせてくれることもなかったと思うので、オーナーの英断には頭が下ります。また、有馬記念ファン投票3位という人気の高さを象徴するように、販売されたオジュウチョウサングッズもよく売れていました。2019年も現役を続行しますが、引退まで無事にレースをこなしてくれることを願います。

 

騎手部門は、クリストフ・ルメール騎手が最多勝利騎手、最高勝率騎手、最多賞金獲得騎手の全部門トップ。2006年の武豊騎手以来12年ぶりとなる騎手大賞も受賞。特に年間最多勝利数に至っては、武豊騎手が2005年に記録した212勝を上回る215勝を挙げ、文句なしのリーディングジョッキー。2019年もお手馬の牝馬三冠馬アーモンドアイをはじめとする有力馬に騎乗すると思うので、2019年も勝ち星を量産しそうです。

 

騎手部門特別賞は、JRA通算4000勝を達成した武豊騎手が受賞。仮に年間100勝ずつしても、4000勝達成までに40年かかるので、まさに前人未到の記録。2019年で50歳になる武豊騎手ですが、日本のエースジョッキーとしてまだまだ第一線でがんばってほしいですね。今後、JRA通算4000勝を達成するような騎手は現れないような気がします。

 

さて、JRA賞馬事文化賞は「競馬と鉄道 あの“競馬場駅”は、こうしてできた」が受賞。著者はテレビ東京の競馬実況でお馴染みの矢野吉彦さん。競馬中継を見始めた頃から矢野さんが競馬実況をしていたこともあり、てっきりテレビ東京のアナウンサーだと思っていましたが最近フリーアナウンサーということを知りました。

また、矢野さんは競馬シミュレーションゲーム「ウイニングポスト7 2010」や「ウイニングポストワールド2010」の声の出演(実況)をされているので、実際の競馬中継で矢野さんの実況を聞いたことがない方でも名前や声に覚えがある方は多いのではないでしょうか。

功労賞には競馬解説者・競馬ジャーナリストの原良馬さんが選ばれました。テレビ東京で放送中のウイニング競馬で解説者として長らく出演されていましたが、体調が優れないこともあって現在休養中。高齢で体調不良というのが心配ですが、また元気な姿を見せて欲しいですね。