Google+が終了へ【2019年4月2日に一般ユーザー向け終了】

2019年4月2日にGoogle+一般ユーザー向けサービスが終了。

利用している人が少ないので、終了したところであまり影響はないとは思いますが。

さて、このGoogle+は個人的に「迷惑千万なサービス」でしかありませんでした。

それは、自分自身で「使うこともないし、使う気もない」のに、何故かGoogle+のアカウントが勝手に作成されていたこと。これにはビックリして、気づいた時にGoogle+からさっさと退会。

また、当時購入したスマートフォンにアプリが入っており、そのアプリが削除できなくてイライラしていたことも思い出します。(スマートフォンはアップデートの削除しかなかった・・・)

そういえば、某アイドルグループがGoogle+のCMに出演していましたね。私は一切使う気が出ませんでしたけど。

 

Google+とは

Google+は2011年にスタートしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

一般向けサービスと企業向けサービスがあり、企業向けのGoogle+は社内コミュニケーションツールとして利用されていることもある。

 

サービス終了期日

・サービス終了期日(一般ユーザー向け):2019年4月2日

2018年10月に一般ユーザー向けGoogle+を2019年8月に終了することが発表され、同年12月には4ヶ月前倒しして2019年4月に終了することを発表。

しかし、「2019年4月のいつ終了するか」が決定していませんでした。

2019年2月4日からは、新規プロフィールやページ、コミュニティ、イベントが作成できなくなります。

 

終了する理由は?

終了する大きな理由としては「あまり使われていない」というものですが、それ以外にも「個人情報に関するバグがあった」こと。

2018年10月には個人情報に関するバグがあったため、個人データが影響を受けた可能性があったことを公表。

また、同年12月には、個人データに影響する可能性のあるバグが11月のアップデート含まれていたことを公表。

 

サービス終了までにしておくこと

4月2日サービス終了とともにGoogle+のページは閉鎖、そしてGoogle+アカウント・コンテンツ削除も始まります。

現在利用している方や過去に利用していた方など、削除される前にアップロードした写真やビデオなどのコンテンツをダウンロードしておきましょう。

ダウンロードの方法はGoogle+のヘルプページで説明されています。現在利用している方や過去に利用していた方は一度ご確認を。

 

まとめ

Googleが提供するサービスでは、検索や地図、Youtubeなどいろいろと日頃お世話になっています。

Google+はfacebookやTwitterに対抗する形で登場しましたが、SNSでは競合相手に勝ることはできませんでした。

Google+に限らず無料で提供されているサービスは、ある日突然サービスが停止・廃止される可能性があります。あまり依存しないほうがいいとは思いますが、なかなか難しいところですね。

まぁ、「この時期にサービス終了しますよ」と一切公表せず終わっているネットサービスもあるので、Googleはまだマシだとは思います。