アメブロ(アメーバブログ)で商用利用(アフィリエイト)が解禁に【2018/12/25利用規約改訂】

*2019/3/29 更新

大手ブログサービスのAmeba(アメーバ)は、2018年12月25日に利用規約の一部を改訂を行い商用利用を解禁。

商品の宣伝やセミナーの告知が可能となり、アメブロ利用者がさらに増えそうですね。

(今後の利用規約改訂で、再度禁止になってしまう可能性もあります。)

ここでは、利用料金や利用できるASP(提携ASP・推奨ASP)、メリット・デメリットのほか便利なツールを紹介しているので、「これからアメブロを始めようかな」という方にとって参考になる内容を載せています。

 

目次

アメブロ(アメーバブログ)とは

公式サイト:アメブロ(アメーバブログ)

アメーバブログ(Ameba Blog)略称:アメブロは、サイバーエージェントが提供する国内最大級のレンタルブログサービス。

基本無料(一部機能は有料)で誰でも手軽に簡単にブログ始められることから会員数も多く、専用アプリを利用することでスマートフォンでブログ投稿・更新、アメブロ閲覧が簡単にできます。


アメブロ(アメーバブログ)といえば、芸能人やスポーツ選手、著名人など「有名人御用達ブログ」というイメージが強い方が多いと思います。(私もその1人です)

ですが、有名人じゃない一般の方も無料で手軽にブログを始められることもあって、かなりの人や企業がアメブロを利用されています。

Ameba公式サイト(2018/9/14)によれば、「FacebookやTwitterなどのID連携する他サービスIDでの利用者も含めたAmebaサービスの累計会員数が6200万人突破」との説明があります。


 

アメブロ(アメーバブログ)をするのに向いている内容

日常の日記や忘備録のような使い方に向いています。「ブログ」ではありますが、SNS要素も高いですね。

 

利用するうえで注意すること

【利用規約を守る】

当たり前ですが、利用規約を守らないとブログや記事が削除されたりアカウント停止の措置がとられます。

記事を投稿・更新する際には「利用規約に違反していないかどうか」をよく確認しましょう。

 

【あまり読まれないことがある】

「これからブログを始めよう」という方によくありがちなことです。

それは、有名人(芸能人やスポーツ選手、著名人など)のように「ブログを始めたら凄い数の人が読んでくれる」と思わないこと。

有名人ブログのアクセス数(PV数)が多いのは「有名人だから一般の人も興味があってブログを読みにくる(見にくる)」というものなので。

有名人ブログのような大量アクセス数(PV数)を集めるのは、一般の人では「至難の業」です。

基本的に「有名人でもない一般の人のブログは、大多数の人は全く興味がない」ということを覚えておいてください。

(一般の方でも「内容が面白い」「読んでいて共感できる」こともあり多くのファンができて、そのブログ内容が書籍化までに至っているブロガーさんもいるため一概には言えない部分がありますが。)

特に「日常の日記」ともなれば、読んでくれる人はあまりいないと思っておいたほうがいいですね。

私もそうですが、赤の他人の日常など全く興味ありませんので。

 

アメブロ(アメーバブログ)を利用する料金は

ブログ利用料は基本無料、また利用している途中から料金がかかることもありません。

(利用規約が改訂されて有料になる可能性もありますが・・・)

「Amebaプレミアム」という有料プランもあります。

 

Amebaプレミアム(アメーバプレミアム)とは

Amebaプレミアム(アメーバプレミアム)は、月額料金を支払うことで利用できる「有料プラン」です。

「画像容量アップコース」と「広告をはずすコース」の2種類があり、それぞれ1ヶ月あたりの利用料金が異なります。


画像容量アップコース

(1枚あたりの画像アップロード容量)

利用料金:1ヶ月 194円(税込み)
無料 有料
3MB 10MB
【備考】有料プランは、画像フォルダの総容量を無制限にアップグレード、またメッセージ保護機能を無償提供。

「画像容量アップコース」は画像をあまり入れない方には不要なサービスですが、画像(写真など)を駆使するようであれば利用価値は高いと思います。


広告をはずすコース
利用料金:1ヶ月 1,008円(税込み)
無料 有料
3MB

1枚あたりの画像アップロード容量

10MB

1枚あたりの画像アップロード容量

【備考】有料プランは、ブログスキン内の広告を非表示にすることができ、画像フォルダの総容量を無制限にアップグレード及び メッセージ保護機能を無償提供。

注1:対象外となる広告は、他の方の記事に表示される広告やRSSや画像拡大ページ内の広告。

注2:利用するデザインによって広告が非表示になる部分が異なるため、申し込み前に必ずプレビューの確認が必要。

「広告をはずすコース」についてはブログスキン内の広告を外すのに「月額1,008円」かかります。

この月額1,008円という金額を安いと見るか、高いと見るか・・・まぁ、個人的には高いです。


 

Amebaプレミアム決済方法(支払い方法)は?

「クレジットカード」と「Yahoo!ウォレット」の2種類に対応。(その他の支払い方法は未対応)

【クレジットカードをお持ちでない方はこちらをどうぞ】

JCBCARDワイド

*JCBカードポイント(Oki Dokiポイント)税込1,000円で1ポイントが常に2倍、付帯保険あり。マイル移行手数料無料。

 

楽天カード新規入会キャンペーン

*年会費永年無料、今なら登録するだけで2000ポイントプレゼント。また、楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍・毎週金曜日はポイント3倍。

 

【Yahoo!ウォレットはこちらから】

公式サイト:Yahoo!ウォレット

 

 

 

アメブロ(アメーバブログ)を利用するメリット

メリットは大きく分けて7つあります。また、利用者が多いブログサービスということもありアメブロに関する本も多数出版されています。

本を買うなら→ Amazon.co.jp

 

ブログ利用が無料(基本無料)

先の内容にも書いていますが「無料」で利用でき、利用途中から料金がかかることもありません。

費用がかからないのは経済的にもやさしく、利用者にとってもありがたいことですね。

*Amebaプレミアム(アメーバプレミアム・有料プラン)への申し込みをすることで利用できる機能もあります。

 

国内最大級で利用者が多い

ブログをしたことがない人でも「ブログといえばアメブロ」というぐらい世間に浸透しています。

「利用者が多いサービス」で「世間に浸透している」ことは、それだけブログを読んでくれる可能性が他のブログサービスより高くなります。

利用者が多くブログを始めたばかりでも人が集まりやすい環境(会員同士の交流)が整っているため、投稿・更新を継続するモチベーションが保ちやすくなるのは強みです。

また、ブログ以外のAmebaサービス(*アメーバピグのコミュニティとか)からも、あなたのブログを読みに来てくれる方がいるかも知れませんね。

*PC版アメーバピグは2019年12月2日にサービス終了予定(関連サービス含む)。

ブログの内容によってはファンがつくこともあるので、一気にトップブロガーになれる可能性もありますよ。

 

アメーバピグ(PC版)のサービス終了へ

3月12日、サイバーエージェントは2019年12月2日(月・15:00)にPC版アメーバピグを終了することを発表。

終了する理由として「Flashの技術開発・サポートが2020年末に終了すること」「Flashを使用せず、別技術で完全再現してPC版ピグサービスを提供することが困難を極めたこと」を挙げています。

なお、PC版アメーバピグ終了に伴い関連サービスも終了予定。

公式サイト:Ameba(アメーバ)

【終了予定サービス一覧】

終了するPC版ピグサービス 終了する関連サービス

(PC版サービス終了に伴うもの)

PC版アメーバピグ モバイル版ピグ
ピグライフ どこでもピグライフ
ピグブレイブ

(DMM GAME版ピグブレイブ)

ピグワールド
ピグカフェ
ピグアイランド
終了予定:2019年12月2日(月) 15:00

 

【サービス終了スケジュール】

2019年4月9日 DMM GAMES版ピグブレイブのブレイブコイン販売停止
2019年9月30日 ピグライフイベント終了
2019年11月26日 コイン利用停止

*PC版アメーバピグ、ピグライフ、ピグブレイブ、ピグワールド、ピグカフェ、ピグアイランド、モバイル版ピグ、どこでもピグライフ

2019年12月2日 サービス終了

*PC版アメーバピグ、ピグライフ、ピグブレイブ、ピグワールド、ピグカフェ、ピグアイランド、モバイル版ピグ、どこでもピグライフ

(注)サービス終了スケジュールは変更される場合あり。

 

【返金対応(サービス内通貨)】

サービス内通貨 払戻し

対象・対象外

備考
カジノドル 対象 ピグカジノ・SP版ピグカジノ終了後、有料カジノドルを払戻し

(2019年12月2日から2020年3月2日まで)

引換券 対象外 PC版アメーバピグ終了後もSPピグなどで利用可能なため
アメーバコイン 対象外 PC版ピグ以外のサービスで利用可能なため
(注1)上記に含まれないサービス内通貨は、前払式支払手段に該当しないため払戻し対象外。

(注2)有料カジノドル払戻し詳細未定。

 

初心者にも使いやすく、SNSとも連携できる

ブログを始めたばかりの初心者や利用者に対して親切設計、操作も直感的で使いやすいのが特徴。

ブログのデザインなども誰でも簡単に設定でき、「TwitterやFacebookとの連携」もあるのでSNSへの発信も出来るようになっています。

特に、TwitterやFacebookをしている方(アカウントを持っている方)は、連携しておくことでいち早く「ブログを始めた、投稿・更新した」ということをSNS上で知らせることができます。

アカウントをお持ちなら連携しておいた方がいいでしょう。

 

「ペタ」や「読者登録」などの機能がありAmeba会員同士の交流ができる

「人が集まりやすい環境(会員同士の交流)が整っている」というのは、「ペタ」や「読者登録」、「いいねボタン」の存在です。


「ペタ」:ブログを読んだことをそのブログを書いた人に伝えることができるもので、相手方には誰が訪問してくれたのかわかるようになります。

「読者登録」:自身が気に入ったブログの読者になる機能。読者登録したブログの方が、あなたのブログを読者登録してくれる可能性があります。

また、「いいね」ボタンもありSNSのようにもなっています。


ただ、「ペタ」や「読者登録」、「いいね」をされても「ブログを読んでいる」とは限りません。

それは「アクセス数を増やしたいから取りあえず」って人もいること、「半自動で操作をしてくれるツール」があるためです。

 

ブログジャンルが多く、店舗・企業もブログができる

アメブロには子育てや料理、ファッション、スポーツ、ペット、娯楽(競馬やTVゲームとか)など多くのジャンルに細かく分かれているので「自分に合ったブログジャンル」が選択できます。

「自分が発信しようとするブログジャンルがない」ということがなく、どれかに当てはまるかと思うのでブログ内容にあったジャンルを選びましょう。

料理や子育て、ペットなんかは日々の日常をネタにできるので「ブログに何を書こうか・・・」と悩むこともなさそうですね。「ネタがなくなる」ということがないかと思います。

そして、店舗・企業のブログジャンルも別途に設けられており、その中でも細かくジャンル分けがされています。

小売業の方なら取り扱っている商品の案内や宣伝、飲食店の方なら店舗やメニューのお知らせなどの情報を発信するのに向いているかと思います。

また、アメブロ内で読みたいブログを探すのにサイト内検索も設けられていて、読みたいブログを探す手間がかかりません。

 

ランキング上位になればブログが書籍化されることもある

一般の方でも「ランキング上位」になるようなトップブロガーともなれば、そのブログが書籍化されるケースもあります。(出版社がついてくれます)

アメブロ公式トップブロガーさんの書籍を一部ご紹介します。


ナイフみたいにとがってら3 反抗期男子観察日記【電子書籍】[ 月野まる ]
created by Rinker
¥1,100 (2019/11/15 01:30:17時点 楽天市場調べ-詳細)
腐女医の医者道! 私も子どもたちも大きくなりました!編 [ さーたり ]
created by Rinker
¥1,100 (2019/11/15 01:30:18時点 楽天市場調べ-詳細)

↑の著者であるアメブロ公式トップブロガーさんは既に数冊出版されています。

既に出版されているものは内容も評判も上々で、結構売れています。

これは「凄い」の一言に尽きますね。(数冊出版できたという意味で)


【POD】国立大学卒トイレ清掃員 〜純情見習い編〜 [ 清掃氏 ]
created by Rinker

こちらもアメブロ公式トップブロガーさんの著書で、この本が初のアメブロ書籍化です。


 

自分のブログをまとめた本がつくれる(書籍化)

アメブロでは「アメブロde本」というサービスがあります。

このサービスは、アメブロの内容を「本」にできる(書籍化できる)というもので、子どもたちの成長日記や一緒にいるペットのことなど、思い出として振り返るにはいいサービスです。

【ただし、「本にする」ということで当然ですが有料です。】

料金については、「アメブロde本」のサイトでご確認ください。

公式サイト:アメブロde本

 

アメブロ(アメーバブログ)を利用するデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあります。これらのデメリットを承知の上で利用するようにしましょう。

 

「無料ブログ」は突然サービスが終了する可能性がある

わかっている方も多いでしょう。でも、「あえて」書いておきます。

アメブロでブログをするのは「ブログをするための環境をAmebaから借りている状態」でブログを投稿・更新するわけです。(しかも基本無料で)

住宅(住居)で例えるなら、アパートやマンション・戸建てを借りて住んでいることになります。

アメブロ運営側が住宅(住居)の賃貸人(大家さん)で、ブログをしている人はその住宅(住居)の賃借人といった関係ですね。

何が言いたいのかというと「Amebaがブログサービスから撤退」または「ブログサービス終了」となった場合、あなたのブログはなくなる可能性が極めて高いと思っておいてください。

(ちなみに、現在アメブロから他サービスへのブログ移行機能はありません)


2019年1月に「Google+の一般向けサービスが2019年4月2日に終了」の発表がありました。

インターネットで影響力のあるGoogleでも、利用者が少なかったり収益が見込めなければ容赦なくサービスを終了していっています。


現在、アメブロの運営はしっかりしているので問題ないでしょう。

しかし、将来収益が見込めないとなった場合、民間企業なのでどうなるかわかりません。(アメブロ以外の無料ブログ全般に言えることです)

直ちにアメブロのサービスが無くなるのは考えにくいですが「サービス終了、廃止の可能性もある」ことを頭の片隅に置いておきましょう。

 

利用規約を守らない場合はブログや記事が削除される

利用規約に違反していた場合は、ブログや記事が削除されたりアカウント停止の措置がとられます。

「守らない方が悪い」ので文句を言ってもどうにもなりません。これは、利用する側の道徳的な問題なので。

もし「利用規約が守れない、守る気もない」ならば、アメブロをはじめとする「無料ブログ」は見送って下さい。

Amebaの利用規約(ルール)は守らなければなりません。利用規約をよく読んでブログへの投稿や更新をすること。

また、「知らず知らずのうちに利用規約に違反してしまっていた」なんて場合もあるので、ブログを投稿・更新する際には注意が必要です。

 

検索エンジン(Googleなど)の検索結果で上位表示されにくい

インターネットの検索エンジンを利用して、色々なことを調べられますね。

代表的な検索エンジンといえば、真っ先に浮かぶのが「Google」。

残念ながらアメブロを含む無料ブログの場合、Google検索で引っかかりにくく「上位に検索結果として表示されにくい」のが現状。ちなみに「Yahoo」はGoogleの検索エンジンが使われています。


Google検索で表示させたい場合は、Googleサーチコンソール(Google Search Console)を利用して「Googleさん、私のブログがある(または投稿した)ので載せてくださいね」と知らせる必要があります。それをしなかった場合、Googleにインデックスされるまで時間がかかります。

Googleで何かしら調べたり、知りたい時には通常「検索窓に語句(キーワード)を入れて検索」をしますよね。

この「キーワードの検索」だけの検索結果ではアメブロが上位表示されにくいため、検索した人からの訪問者が少ない傾向があります。(もちろん、上位表示されることもあります)

アメブロでも有名人やランキング上位のブログであれば「Google検索で上位表示される」かと思います。しかし、一般の方であれば簡単に上位表示がされるのは「かなり難しい」と思っておいてください。

ただ、「ブログを書いている人の名前」や「ブログタイトルやブログのURLをそのまま検索窓に入れる」といったことで検索すれば上位表示されるでしょう。

しかし、日常で検索するのにそういった検索をする方はかなり少ないです。

「会員数の多いアメブロを利用しているから大丈夫」と思っている方は、とりあえずアメブロにGoogleアナリティクス(Google Analytics)を導入してください。

まぁ、アメブロを始めたばかりなら訪問者数の少なさに愕然とすると思います。

*Googleアナリティクス(Google Analytics)は「サイトへの訪問者がどれだけいるか」などが分かる無料のアクセス解析ツール。また、「どこからブログに訪問したか」も分かりますよ。

なお、Googleサーチコンソール(Google Search Console)、Googleアナリティクス(Google Analytics)のアメブロへの導入は「アメーバブログのヘルプ」で操作方法が説明されていますので、そちらを参考に導入してくださいね。


Googleの検索エンジンは、ちょいちょいアップデートされています。「キーワード検索」だけでもアメブロが上位表示されやすい日が来るかも知れませんが、それが「いつになるか」はわかりません。


 

アメブロへ投稿した記事や画像は自分のものにならない

アメブロが「自分の資産」と思っている方は注意してください。

アメブロに投稿した記事は「サイバーエージェントさんのもの」になります。

「がんばって内容を考えて記事を投稿したのに、何で!?」と思った方、結構多いのでは?

その理由は「利用規約にちゃんと明記されている」のでよく目を通してくださいね。

写真やイラストをアップしている方が多く見受けられますが「よくやるなぁ」と思っています。

 

アメブロ(アメーバブログ)で利用できる提携ASPと推奨ASP

利用規約の改訂前は「商品の販売や宣伝、セミナーの告知」が禁止されていたため、運営側が「商用利用されている」とみなした場合、「ブログ記事が削除される」という厳しい措置がとられていましたが、今後はそういったことも少なくなりそうです。

(Ameba公式アフィリエイトのRakutenアフィリエイト、Amazon、ユニクロは2018/12/25の利用規約改訂前からOKでした)

公式サイト:アメブロ(アメーバブログ)

Ameba提携ASP2社、また推奨ASPを一部のみ載せておきます。ここに載せているASPは、全て無料で登録できます。

アメブロで利用するためには、各ASPに登録のうえ載せたい広告主(載せたい広告案件)と提携しなければなりません。

まだASP登録していない方はご参考に。

登録するASPやASP先で提携する広告主によっては「審査」されることがあります。審査に落ちた場合は利用することができませんのでご注意ください。

 

Ameba(アメーバ)提携ASP

公式サイト:アメブロ(アメーバブログ)

Amebaでは2社のASPと提携していますので、まずはこの2社から登録をしてみましょう。

また、Ameba推奨ASPになっている楽天やAmazonも提携ASP(A8.net、バリューコマース)を経由して広告提携することが可能です。


【A8.net】

公式サイト:A8.net


「扱っていない案件はないんじゃないか」というぐらい豊富です。

とりあえずは、A8.netに登録しておくだけでも十分かと。

登録料:無料

登録審査:なし


【バリューコマース】

公式サイト:バリューコマース

大手企業の広告が多数あります。また、楽天のほかYahoo!ショッピングも扱っています。

(A8.netではYahoo!ショッピングは扱っていません)

登録料:無料

登録審査:あり


 

Ameba(アメーバ)推奨ASP

公式サイト:アメブロ(アメーバブログ)

推奨ASPについては一部のみ載せています。

*ここに記載しているASPを含め、推奨ASP一覧は「アメーバのヘルプ」に記載されています。


【アクセストレード(ACCESS TRADE)】

公式サイト:アクセストレード
アクセストレード パートナーサイト募集

求人や金融、ケーム関係を多く扱っています。

登録料:無料

登録審査:あり

 

【スマートシー(Smart-C)】

公式サイト:Smart-C

スマホアプリやスマホゲームの案件が多数あります。

登録料:無料

登録審査:あり

 

【ジャネット(JANET)】

公式サイト:JANet

美容・健康のほか懸賞・ポイントサイトが多めです。

登録料:無料

登録審査:あり

 

【ザックスアフィリエイト(Zucks Affiliate)】

公式サイト:ザックスアフィリエイト

健康や美容、スマホゲームの案件が多いです。

登録した時から担当者が付いてくれるため、わからないことを聞く事ができるのも強みです。

登録料:無料

登録審査:あり


 

ASPの審査に落ちたらどうすればいいの

審査のあるASPに申し込んでも、残念ながら落とされることも・・・。

審査に落ちた場合、申し込んだASPから「審査に落ちた理由」を詳しく教えてくれないので、自分で落ちた原因・理由を推測しなければなりません。

一応ですが、私が個人的に推測する原因・理由を挙げておきます。


1、「ブログテーマや内容がASPの扱う案件と見合っていない」

ペットのことや自身の日常を発信ているブログ(例えば、ペットのネコが変な格好で寝ていた、犬の散歩途中でキレイな花が咲いていた、家族で旅行に出かけ○○を食べて美味しかった、子どもが熱を出して1日中大変だった等々)なのに、求人・金融関係の案件が多いASPに申し込むんでも落ちる可能性は高くなります。

もうお分かりだと思いますが、要はASP側が扱っている広告と方向性が大きくズレるとダメってことです。

 

2、「ブログの内容が薄く広告成果が出にくい」

審査のあるASPはブログの内容を見ます。

一つ一つの記事の文字数が少なかったり、文字数が多くても内容が薄いようなら審査に落ちるでしょう。

というのも、ASPは広告主を大事にしています。それは、広告出稿してくれるのは広告主でありASPにとって大切なお客様になるため。

なので、「一つ一つの記事の文字数が少ない」「内容が薄い」となれば、広告主側からすると「こんなものでは広告出稿しても誰も来ないんじゃないの。じゃ、やめておこう」となるのは明白です。

そのため、ASP側も登録申請のあったブログに対して「広告していいですよ」と簡単にOKを出すわけにもいきません。

そんなことをしてしまうと、広告主側が離れていくのは目に見えていますからね。

具体的に「何文字以上」とか「どんな内容にしなければいけないか」は公開されていないので不明ですが、もしある商品を紹介するようであれば「具体的に使ってみた感想」「その商品の良し悪し」「こんなにも便利だった」などを詳しく書くことを心がけましょう。

 

3、「投稿数が少ない」

極端な例では「投稿数が1つ(ブログ記事が1つ)」で申し込むとか・・・そんな人もいるかも知れません。

ASP側は「これだけの記事数が最低でもないとダメですよ」というのを公表していないので難しいところですが、個人的には5から10記事ぐらいはないとダメかと思います。

 

4、「各ASPの利用規約に違反している」

各ASPには利用規約があるので、それに違反しているブログとなれば100%落とされます。

登録するASPの利用規約を必ず読んで、内容が違反していないかチェックしましょう。


審査に落ちても再度登録申請ができます。

落ちたとしても、ご自身のアメブロの内容に見直しをかけてチャレンジしてください。

 

Googleアドセンス(Google AdSense)は利用できない

利用できない理由として、アメブロでは既にGoogleの広告サービスが使われいることもありますが、Googleアドセンスはそもそも「無料ブログ」では利用不可です。

(一部、利用できる無料ブログもあります)

そのため、アメブロをはじめする無料ブログについては「審査に落とされます」。厳しいですね。

なので、アメブロや他の無料ブログの場合、Googleアドセンスの審査に申し込んでも合格することはありません。

どうしても利用したいならアメブロなどの無料ブログは諦めてください。そして、独自ドメイン取得のうえご自身でブログ運営をするようにしましょう。

ちなみに、Googleアドセンスにもブログやサイトの審査があります。

 

Amebaアプリ(アメーバアプリ)

専用アプリ(無料)を使うことで、iPhoneやスマホから簡単に投稿・更新、閲覧ができます。

Ameba(アメーバ)Ameba(アメーバ)

CyberAgent, Inc. 無料 posted withアプリーチ

料金:無料

対応OS:iOS 11.0以降 / Androidは端末により異なります

対象年齢:iOS 12歳以上 / Android 3歳以上

 

アメブロを利用するのに便利なツールは

アメブロは手軽で簡単に投稿・更新ができ、普通に利用していても何ら問題はありません。

しかし、「さらにアメブロするのに作業時間が短縮できる」というツールがあるのでご紹介しておきます。

 

アメーバキング2


対応OS:Windows 7,8,10

ソフト本体とライセンス発行費用:9,800円(税込)

月額:2,980円(税込)


読者登録やペタなどは自分でやるにしても相当の時間を要しますよね。

「正直、面倒くさい・・・」

そんな作業を半自動でやってくれて作業時間短縮ができる、またブログを継続していくうえで便利な機能も多数あり、アメブロ以外の無料ブログに対応・SNSとの連携も簡単にできる便利なツールです。

しかし、利用するにはソフト本体+ライセンス発行費用に加え、月額料金がかかります。

「やっぱりお金がかかるのはちょっと・・・」という方が多いでしょう。購入前に無料体験ができるので、一度体験してから「利用するかどうか」を考えた方がいいか思います。

 

アメーバプレスPro


月額利用料:380円(税込み)


こちらは、プラグインです。

Word Press(ワードプレス)に記事を投稿すると、アメブロにも投稿できます。また、TwitterやFacebook連携可能。

Word Pressの新規投稿以外に編集や削除をした場合にもアメブロに反映され、また複数のアメブロID登録に対応(最大5つまで)しており、ミラー対策もされています。

 

まとめ

何といっても「Ameba」サービスの累計会員数が6,200万人を突破していることから、アメブロでブログを始めても読んでくれる人が「ゼロ」ということはないのは強いところ。

少なからず「読んでくてれいる人がいる」だけでもありがたいものなので、継続して投稿・更新できるようにモチベーションを保ちましょう。

まぁ、モチベーションを維持するのが一番難しいんですけどね。

最後になりますが、決してブログ投稿・更新を「やらなければならない」という使命感に駆られないようにしてください。

始めたばかりの頃は、モチベーションも高くアクセス数が少なくても「バンバン投稿・更新しよう」として、がんばっていけると思います。

ただ、「やらなければならない」「アクセス数が少ない日々が続く」となると・・・

多分、途中で心が折れます。精神的にも体力的にも悪影響を及ぼすので、あまり自分自身を追い込まないように注意してくださいね。