武豊騎手がJRA通算4000勝達成(2018/9/29)

9月29日、阪神競馬場で行われた10レース芦屋川特別で武豊騎手はメイショウカズヒメ(南井厩舎)に騎乗し1着。このレースを勝利したことでJRA通算4000勝達成。

 

9月23日終了時点では3997勝。JRA通算4000勝まで「あと3勝」の状況でしたが、9月29日の阪神競馬場で3勝の固め勝ち。くしくも自身が31年前にデビューした阪神競馬場での達成、そしてJRA・地方・海外の合計成績で4000勝を達成したメイショウヤクシマ(2016年9月18日、阪神4R)と同じ松本好雄オーナーの所有馬での達成となりました。

 

主な記録

*一部のみです

最多騎乗 2万1242回(JRAのみ)
年間最多勝 212勝(2005年)
最年少リーディングジョッキー 20歳(1989年133勝)
年間最多獲得賞金 44億1404万2000円(2005年)
G1最多勝 75勝
最年少G1、クラシック勝利 1988年菊花賞・スーパークリーク(19歳7ヶ月23日)
日本人初海外G1勝利 1994年ムーランドロンシャン賞(スキーパラダイス)

2018/9/30現在のものです。

 

プロフィール

武 豊(タケ ユタカ)

1969年(昭和44年)3月15日生まれ 49歳

1987年騎手免許取得、同年3月デビュー

所属厩舎:フリー

父は武邦彦元騎手・元調教師(故人)、弟は武幸四郎調教師(元騎手)

 

まとめ

武豊騎手が達成した記録については、挙げていけばかなりの数があるので一部のみ記載しています。ご了承下さい。

現役時代名手といわれた父・武邦彦氏と同じ「騎手」という職業なので、デビュー当時から相当なプレッシャーがあったことでしょう。

そんな中で、デビューした年にいきなり69勝を挙げ(2008年三浦皇成騎手が更新)、最多勝利新人騎手を受賞。翌年からも勝ち星を量産、またG1菊花賞をスーパークリークで優勝しラシック最年少制覇、いつしか「武邦彦の息子」から「武豊のお父さん」に変えたのは凄いことだと思います。

目に見えないプレッシャー以外にも、騎手なら誰もが避けられない「落馬」に伴う怪我を負い、成績が著しく低迷した時期もありましたが、それも乗り越えてのJRA通算4000勝です。

 

競馬を知らない人でも「武豊なら聞いたことがある、知っている」というのは、裏を返せばマスコミやメディアへの露出度が高いということ。

ご本人はどう思っているか知りませんが、ジョークも飛ばしますしTVやマスコミなどの対応も上手いですね。また、20代から積極的に海外遠征をしていることもあって、海外の競馬関係者でも日本のトップジョッキーである「武豊」の名は知れ渡っています。

 

さて、競馬の成績もさることながら「競馬=ギャンブル」から「競馬=レジャー、スポーツ」に世間の認識を変えてくれたことも大きな功績の一つです。

JRAをはじめとして周りの関係者の協力も大きかったと思いますが、イメージ的に爽やかな感じにしてくれた立役者ですね。

一昔前になりますが、CMで父・武邦彦氏と武豊騎手が親子で競演(某ビールのCM)していました。競馬関係以外でのCM出演の依頼のある騎手、「週刊誌に撮られる」騎手というのも武豊騎手ぐらいしょう。

 

中央競馬で最年長騎手をしていたのは岡部幸雄元騎手(現役期間1967年から2005年3月)です。武豊騎手はどこまで現役を続けていくのかわかりませんが、怪我に気をつけて少しでも長く騎手をやったもらいたいですね。