2018 ジュライカップ(G1)出走馬紹介、レース結果(イギリス・ニューマーケット競馬場)

*2018/7/15 レース結果を更新しました。

7月14日(現地)、イギリス・ニューマーケット競馬場でジュライカップ(G1)が開催。

ブルーポントがどういったレースをするかに注目です。前々走の香港・チェアマンズスプリントプライズ(G1)では見せ場なく最下位に沈んだものの、ヨーロッパに戻った前走のキングズスタンドS(G1)では見事優勝しG1初制覇。ヨーロッパの重賞戦線では好成績を残しており、このレースでG1・2連勝となるか。

また、2歳時にG1勝ちのあるユーエスネイビーフラッグは2018年に入って勝ち星なし。前走から距離短縮で結果が出るでしょうか。

 

ジュライカップ(G1)

レース概要

イギリス ニューマーケット競馬場

7月14日 発走14:15(現地)

3歳以上 芝1207m(6f)

 

出走馬

*斤量の単位はポンド

馬番 ゲート

番号

馬の名前

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 10 ブルーポイント

牡 4歳

132 W.ビュイック C.アップルビー
2 4 ブランド

セ 6歳

132 T.イーヴス K.ライアン
3 14 ドリームフィールド

牡 4歳

132 J.ドイル J.ゴスデン
4 1 インテリジェンスクロス

牡 4歳

132 P.ベギー A.オブライエン
5 6 リマト

セ 6歳

132 H.ベントレー H.キャンディー
6 2 レッドカークウォリアー

セ 7歳

132 R.ベイリス D&B.ヘイズ&T.デイバーニッグ
7 7 サーダンスロット

セ 4歳

132 G.モッセ D.エルスワース
8 8 スピリットオブヴァラー

牡 4歳

132 D.オブライエン A.オブライエン
9 9 エクティダール

牡 3歳

126 J.クローリー M.スタウト
10 11 フリートレビュー

牡 3歳

126 W.ローダン A.オブライエン
11 3 インビンシブルアーミー(取消)

牡 3歳

126 P.マクドナルド J.テイト
12 5 サンズオブマリ

牡 3歳

126 P.ハナガン R.フェイヒー
13 13 スーネイション

牡 3歳

126 S.ヘファナン A.オブライエン
14 12 ユーエスネイビーフラッグ

牡 3歳

126 R.ムーア A.オブライエン

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム

着差

調教師
1 12 ユーエスネイビーフラッグ

牡 3歳

126 R.ムーア 1:11.32 A.オブライエン
2 2 ブランド

セ 6歳

132 T.イーヴス 1 3/4 K.ライアン
3 10 フリートレビュー

牡 3歳

126 W.ローダン 3/4 A.オブライエン
4 7 サーダンスロット

セ 4歳

132 G.モッセ アタマ D.エルスワース
5 13 スーネイション

牡 3歳

126 S.ヘファナン ハナ A.オブライエン
6 3 ドリームフィールド

牡 4歳

132 J.ドイル 1/2 J.ゴスデン
7 1 ブルーポイント

牡 4歳

132 W.ビュイック 1 1/2 C.アップルビー
8 8 スピリットオブヴァラー

牡 4歳

132 D.オブライエン クビ A.オブライエン
9 9 エクティダール

牡 3歳

126 J.クローリー 3/4 M.スタウト
10 6 レッドカークウォリアー

セ 7歳

132 R.ベイリス クビ D&B.ヘイズ&T.デイバーニッグ
11 5 リマト

セ 6歳

132 H.ベントレー 2 H.キャンディー
12 12 サンズオブマリ

牡 3歳

126 P.ハナガン ハナ R.フェイヒー
13 4 インテリジェンスクロス

牡 4歳

132 P.ベギー 1 1/2 A.オブライエン
  インビンシブルアーミー(取消)

牡 3歳

126 P.マクドナルド J.テイト

 

ユーエスネイビーフラッグ(U S Navy Flag)

父:War Front (USA)

母:Misty For Me (IRE)

母の父:Galileo (IRE)

馬主:Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor

生産者:Misty For Me Syndicate

調教師:A.オブライエン(アイルランド)

 

レース回顧、まとめ

スタートして内と外の2群にわかれ、ユーエスネイビーフラッグはすぐさま先頭に立ち、ブルーポイントはユーエスネイビーフラッグをマークするようにやや後ろに、ブランドは出遅れて後方からという展開に。残り2ハロン辺りから各馬が一斉に加速、先頭を行くユーエスネイビーフラッグにブランドが詰め寄るものの、ユーエスネイビーフラッグがゴール前で1馬身3/4差つけて逃げ切り優勝。2018年の初勝利でG1・3勝目。

 

前走ロイヤルアスコットでG1制覇のブルーポントが大敗し人気を裏切る形になり、一方前走ロイヤルアスコットで9着と見せ場がなかったユーエスネイビーフラッグが一変して優勝という結果になりました。

ユーエスネイビーフラッグは2歳時にG1を2勝しており距離は7ハロンと6ハロンのレース。前走ロイヤルアスコットはマイルレースでしたが、2ハロン距離短縮となった今回は見事に結果を出したことを踏まえると同馬にとってマイルという距離が長かったのでしょう。今後、スプリント路線を進むようであれば活躍してくれそうですね。

さて、ブルーポイントですが重賞3勝(内G1・1勝)しているのは、いずれもアスコット競馬場。ニューマーケット競馬場のレースにも過去に出走していますが勝っていません。同競馬場の坂が合わないことも考えられますが、前走と比較するとあまりにも負け過ぎなので今後はどういったレースを選択してくるか注目です。前々走では坂のない香港でも最下位でしたので、ブルーポイント自身がただ単に走る気をなくしただけかも知れませんが・・・。