2018 G1アイリッシュオークス(アイルランドオークス)出走馬紹介、レース結果(アイルランド・カラ競馬場)

*2018/7/22 レース結果を更新しました。

7月21日(現地)、アイルランド・カラ競馬場でG1アイリッシュオークス(アイルランドオークス)が開催。

出走馬7頭中3頭がA.オブラエン調教師の管理馬。6月30日に行われたアイリッシュダービー(G1・アイルランドダービー)では、息子であるJ.オブライエン調教師の管理馬・ラトローブに勝ちを持っていかれましたが、A.オブラエン調教師がアイリッシュオークスで逆転できるかどうか、それともJ.オブライエン調教師がアイリッシュダービーに続きアイルランドクラシック連勝となるか。調教師の親子対決も楽しみです。

さて、セプテンバー(ディープインパクト産駒)がアイリッシュオークスで復帰する可能性とのニュースもありましたが残念ながら出走とはなりませんでした。セプテンバーは7月22日(現地発走15:30)に同競馬場で行われるキルボイエステートステークス(G2・芝1811m・3歳以上牝)に登録しており、同馬の体調次第でこちらのレースで戦線復帰する可能性がありそうです。

*G2キルボイエステートステークスにセプテンバーの出走確定。キルボイエステートステークス(2018/7/22)の出走表はこちらです。

 

アイリッシュオークス(G1・愛オークス)

レース概要

アイルランド カラ競馬場

7月21日 発走17:30(現地)

3歳牝 芝2414m(1m4f)

 

出走馬

*斤量の単位はポンド

馬番 ゲート

番号

馬名

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 4 バイバイベイビー

牝 3歳

126 S.ヘファナン A.オブライエン
2 5 フォーエバートゥゲザー

牝 3歳

126 D.オブライエン A.オブライエン
3 3 マジックワンド

牝 3歳

126 R.ムーア A.オブライエン
4 2 メアリーチューダー

牝 3歳

126 W.リー W.マクレアリー
5 1 ロミーナ

牝 3歳

126 D.マクドノー D.ウェルド
6 7 シーオブクラス

牝 3歳

126 J.ドイル W.ハガス
7 6 ティスシアッカ

牝 3歳

126 W.ローダン J.オブライエン

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム

着差

調教師
1 6 シーオブクラス

牝 3歳

126 J.ドイル 2:32.54 W.ハガス
2 2 フォーエバートゥゲザー

牝 3歳

126 D.オブライエン クビ A.オブライエン
3 4 メアリーチューダー

牝 3歳

126 W.リー 1 1/2 W.マクレアリー
4 1 バイバイベイビー

牝 3歳

126 S.ヘファナン 3 1/2 A.オブライエン
5 3 マジックワンド

牝 3歳

126 R.ムーア 4 1/4 A.オブライエン
6 5 ロミーナ

牝 3歳

126 D.マクドノー 3/4 D.ウェルド
7 7 ティスシアッカ

牝 3歳

126 W.ローダン 2 1/2 J.オブライエン

 

シーオブクラス(Sea Of Class/IRE)

父:Sea The Stars (IRE)

母:Holy Moon (IRE)

母の父:Hernando (FR)

馬主:Sunderland Holding Inc

調教師:W.ハガス(イギリス)

 

レース回顧

道中はバイバイベイビーが先頭でレースを引っ張り、その直後にフォーエバートゥゲザー、後方2番手にメアリーチューダー、最後方からシーオブクラス。直線入り口辺りで先頭に立ったフォーエバートゥゲザーがゴールまでを計るものの、後方から追い込んできたメアリーチューダー、シーオブクラスの2頭が100ヤード過ぎでフォーエバートゥゲザー迫ります。

残り50ヤード辺りでメアリーチューダーは脚色が衰え後退、脚色のいいシーオブクラスが前で粘るフォーエバートゥゲザーをゴール前クビ差交わして優勝。シーオブクラスは3連勝でG1初勝利(重賞も初勝利)。イギリス・アイルランド両国オークス制覇がかかったフォーエバートゥゲザーが2着、3着メアリーチューダー。