2018 コリアスプリント(G1)、コリアカップ(G1)出走馬紹介・レース結果(韓国・ソウル競馬場)

*2018/9/9 レース結果を更新しました。

9月9日(現地)、韓国・ソウル競馬場でコリアスプリント(国内G1)、コリアカップ(国内G1)が開催。

日本からは、コリアスプリントにモーニン、コリアカップにロンドンタウンが出走。

2017年はコリアスプリントをグレイスフルリープが優勝、コリアカップはロンドンタウンが優勝し2着クリソライトが入り日本馬ワンツーを決めています。今回出走するロンドンタウンは2017年に続きコリアカップ2連覇がかかります。

 

コリアスプリント(G1)

レース概要

韓国 ソウル競馬場

9月9日 発走15:45(現地)

3歳以上 ダート1200m

*格付けは、国内G1

 

出走馬

馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 ペルディドポメロイ

牡 5歳

57 S.S.イム J.B.ムン
2 トゥデイ

セ 4歳

57 F.ダシルヴァ Y.K.キム
3 ゼンテナリー

セ 7歳

57 G.B.キム I.S.ソ
4 グマラピッド

セ 5歳

57 D.H.イ D.S.ペ
5 エースコリア

牡 3歳

56 S.G.チョ P.ウルズリー
6 モーニングデロ

牡 5歳

57 C.H.キム M.S.オ
7 トラオンポギョンソン

牡 5歳

57 S.D.チェ J.G.ミン
8 キングマルピック

セ 5歳

57  A.ウェール  T.エルマー
9 モーニン

牡 6歳

57 藤井勘一郎  石坂正
10 ワンダーボルト

セ 8歳

57  C.H.イ Y.C.チ
11 ワイルドデュード

牡 8歳

57 C.ビーズリー  A.ビンハールマッシュ
12 チャブリシャス

セ 7歳

57 G.メランコン  R.フォシュー
13 ファイトヒーロー

セ 7歳

57 L.K.チュン Y.S.ツイ

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム

着差

調教師
1 9 モーニン

牡 6歳

57 藤井勘一郎 1:11.5  石坂正
2 13 ファイトヒーロー

セ 7歳

57 L.K.チュン アタマ Y.S.ツイ
3 7 トラオンポギョンソン

牡 5歳

57 S.D.チェ 1 3/4 J.G.ミン
4 12 チャブリシャス

セ 7歳

57 G.メランコン 1  R.フォシュー
5 5 エースコリア

牡 3歳

56 S.G.チョ アタマ P.ウルズリー
6 11 ワイルドデュード

牡 8歳

57 C.ビーズリー 3/4  A.ビンハールマッシュ
7 10 ワンダーボルト

セ 8歳

57  C.H.イ 2 Y.C.チ
8 4 グマラピッド

セ 5歳

57 D.H.イ 1 3/4 D.S.ペ
9 3 ゼンテナリー

セ 7歳

57 G.B.キム 1 1/2 I.S.ソ
10 1 ペルディドポメロイ

牡 5歳

57 S.S.イム 1/2 J.B.ムン
11 2 トゥデイ

セ 4歳

57 F.ダシルヴァ クビ Y.K.キム
12 6 モーニングデロ

牡 5歳

57 C.H.キム 4 M.S.オ
13 8 キングマルピック

セ 5歳

57  A.ウェール 3  T.エルマー

 

モーニン(Moanin/USA)

父:ヘニーヒューズ(USA)

母:Giggly(USA)

母の父:Distorted Humor(USA)

馬主:馬場幸夫

調教師:石坂正(栗東)

 

コリアカップ(G1)

レース概要

韓国 ソウル競馬場

9月9日 発走16:55(現地)

3歳以上 ダート1800m

*格付けは、国内G1

 

出走馬

馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 フォレストレンジャー

セ 4歳

57 T.ハミルトン R.フェイヒー
2 ドルコン

牡 4歳

57 A.デイビソン S.フォスター
3 グレートキング

牡 4歳

57 S.S.イム T.ガレスピー
4 ファイナルボス

牡 4歳

57 C.H.イ Y.C.チ
5 トスコノヴァキャット

牡 3歳

57 J.R.チョ B.J.チョイ
6 リヴェンライト

セ 6歳

57 S.G.チョ W.マリンツ
7 トンバンデロ

牡 6歳

57 C.H.キム M.S.オ
8 ダイナミックダッシュ

牡 6歳

57  S.D.チョイ  S.H.チャン
9 マクシマス

セ 5歳

57 T.S.ハンポー  H.W.タン
10 プレイスズトゥゴー

セ 4歳

57  D.H.イ D.S.ペ
11 エノウブルドフレンド(取消)

セ 8歳

57 C.ビーズリー  A.ビンハールマッシュ
12 チョンジストーム

牡 5歳

57 J.ヴィクトリア D.K.キム
13 チョンダムドッキ

セ 4歳

57 M.ダシルヴァ J.K.パク
14  ロンドンタウン

牡 5歳

57 岩田康誠 牧田和弥
15  クリーンアップジョイ

セ 7歳

57  Y.G.キム  M.G.ソン

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム

着差

調教師
1 14  ロンドンタウン

牡 5歳

57 岩田康誠 1:50.6 牧田和弥
2 2 ドルコン

牡 4歳

57 A.デイビソン 15 S.フォスター
3 15  クリーンアップジョイ

セ 7歳

57  Y.G.キム 2 1/2  M.G.ソン
4 13 チョンダムドッキ

セ 4歳

57 M.ダシルヴァ 2 1/2 J.K.パク
5 1 フォレストレンジャー

セ 4歳

57 T.ハミルトン 2 1/2 R.フェイヒー
6 12 チョンジストーム

牡 5歳

57 J.ヴィクトリア ハナ D.K.キム
7 5 トスコノヴァキャット

牡 3歳

57 J.R.チョ 4 B.J.チョイ
8 9 マクシマス

セ 5歳

57 T.S.ハンポー クビ  H.W.タン
9 8 ダイナミックダッシュ

牡 6歳

57  S.D.チョイ 1 1/4  S.H.チャン
10 3 グレートキング

牡 4歳

57 S.S.イム 6 T.ガレスピー
11 7 トンバンデロ

牡 6歳

57 C.H.キム 1/2 M.S.オ
12 10 プレイスズトゥゴー

セ 4歳

57  D.H.イ 5 D.S.ペ
13 4 ファイナルボス

牡 4歳

57 C.H.イ 10 Y.C.チ
14 6 リヴェンライト

セ 6歳

57 S.G.チョ 32 W.マリンツ
11 エノウブルドフレンド(取消)

セ 8歳

57 C.ビーズリー  A.ビンハールマッシュ

 

ロンドンタウン(London Town/JPN)

父:カネヒキリ(JPN)

母:フェアリーバニヤン(JPN)

母の父:Honour and Glory(USA)

馬主:薪浦亨

調教師:牧田和弥 (栗東)

 

レース回顧・まとめ

コリアスプリントは海外遠征が初めてとなるモーニンが出走。

モーニンは道中、中団のやや後方からレースを進めます。最終コーナーから直線へ入る辺りで徐々に加速、直線に入って一気にスパートしたモーニンは、7・8番手の位置から追い込んでいきます。

前方の馬を残り100m付近で全て交わして先頭に立ち、ほぼ同時にスパートをかけたファイトヒーローがゴール寸前まで追いすがりますが、それをアタマ差振り切り見事優勝。2着にファイトヒーロー、3着トラオンポギョウンソン

勝ったモーニンは、2016年フェブラリーステークス以来の重賞勝利。

 

コリアカップは2連覇のかかるロンドンタウンが出走。

好スタートを切ったロンドンタウンは、1・2コーナーで2番手につけ向こう正面で先頭に。そのままレースを引っ張り、3・4コーナーで徐々に後続を引き離します。

最後の直線で軽くスパートをかけたロンドンタウンは、さらに後続を突き放し2着に15馬身差つけ圧勝、2連覇をあっさり達成。2着ドルコン、3着クリーンアップジョイ。

ロンドンタウンは、2017年コリアカップ以来となる約1年ぶりの勝利となりました。