2018 香港マイル(G1)出走馬紹介、レース結果(香港・シャティン競馬場)

*2018/12/9 レース結果を更新しました。

12月9日(現地)、香港・シャティン競馬場で香港マイル(G1)が開催。

日本からはペルシアンナイト(香港表記:波斯劍客)、モズアスコット(香港表記:魔族雅谷)、ヴィブロス(香港表記:強撃)の3頭が出走。

なお、香港国際競走はJRAで海外馬券の発売がされます。

公式サイト:JRAホームページ

 

香港マイル(G1)

香港国際競走

レース概要

香港 シャティン競馬場

12月9日 発走15:50(現地)

3歳以上 芝1600m

 

出走馬

*斤量の単位はポンド

馬番 ゲート

番号

馬名

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 12 ビューティージェネレーション

セ 6歳

126 Z.パートン J.ムーア
2 14 ペルシアンナイト

牡 4歳

126 M.デムーロ 池江泰寿
3 13 カミンスルー

セ 5歳

126 M.ウォーカー C.ウォーラー
4 2 モズアスコット

牡 4歳

126 C.ルメール 矢作芳人
5 9 ビューティーオンリー

セ 7歳

126 H.ボウマン A.クルーズ
6 5 ビートザバンク

セ 4歳

126 O.マーフィー A.ボールディング
7 4 フィフティーフィフティー

セ 6歳

126 J.マクドナルド L.ホー
8 6 シンガポールスリング

セ 5歳

126 S.デソウサ A.ミラード
9 10 サザンレジェンド

セ 6歳

126 D.ホワイト C.ファウンズ
10 3 インズオブコート

牡 4歳

126 M.バルザローナ A.ファーブル
11 11 ナッシングアイライクモア

セ 5歳

126 J.モレイラ J.サイズ
12 1 ホワットエルスバットユー

セ 6歳

126 K.ティータン J.サイズ
13 8 ワンマスター

牝 4歳

122 R.ムーア W.ハガス
14 7 ヴィブロス

牝 5歳

122 W.ビュイック 友道康夫

予想と買い目

1番ビューティージェネレーションが本命です。地元香港でも相当強いので、あっさり勝ちそうです。

1番から2、5、9、14へ流しで3連複、1点100円で計600円。

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム

着差

調教師
1 1 ビューティージェネレーション

セ 6歳

126 Z.パートン 1:33.52 J.ムーア
2 14 ヴィブロス

牝 5歳

122 W.ビュイック 3 友道康夫
3 9 サザンレジェンド

セ 6歳

126 D.ホワイト 3 1/4 C.ファウンズ
4 5 ビューティーオンリー

セ 7歳

126 H.ボウマン 3 3/4 A.クルーズ
5 2 ペルシアンナイト

牡 4歳

126 M.デムーロ 4 池江泰寿
6 11 ナッシングアイライクモア

セ 5歳

126 J.モレイラ 4 1/2 J.サイズ
7 4 モズアスコット

牡 4歳

126 C.ルメール 5 1/4 矢作芳人
8 13 ワンマスター

牝 4歳

122 R.ムーア 5 1/4 W.ハガス
9 8 シンガポールスリング

セ 5歳

126 S.デソウサ 6 1/4 A.ミラード
10 7 フィフティーフィフティー

セ 6歳

126 J.マクドナルド 7 1/2 L.ホー
11 6 ビートザバンク

セ 4歳

126 O.マーフィー 8 1/4 A.ボールディング
12 3 カミンスルー

セ 5歳

126 M.ウォーカー 9 1/4 C.ウォーラー
13 12 ホワットエルスバットユー

セ 6歳

126 K.ティータン 10 1/4 J.サイズ
14 10 インズオブコート

牡 4歳

126 M.バルザローナ 12 1/4 A.ファーブル

 

ビューティージェネレーション(Beauty Generation/NZ)

父:Road To Rock (AUS)

母:Stylish Bel (AUS)

母の父:Bel Esprit (AUS)

馬主:Patrick Kwok Ho Chuen

調教師:J.ムーア(香港)

 

レースまとめ

最後の直線では、逃げるビューティージェネレーションの脚色が衰えずさらに後続を突き放して完勝。2着は馬群外から伸びてきたヴィブロス、3着は前哨戦ジョッキークラブマイル2着だったサザンレジェンド。ビューティージェネレーションは4連勝で、2017年に続いて香港マイル連覇達成。

日本勢はヴィブロスが2着を確保。ドバイ遠征で2年続けて結果を出しているだけに流石でしたが、いかんせん勝ち馬が強かったですね。

ペルシアンナイトは5着、モズアスコットは7着。両馬とも最後は伸びているようでしたが、ヴィブロスほどの伸び脚がなく残念な結果となってしまいました。

なお、ベストターンドアウト賞は日本のペルシアンナイト陣営が受賞。

予想はここでようやく的中。3着サザンレジェンドの人気があまりなかったおかげで、3連複は52.6倍つきました。