2018 香港カップ(G1)出走馬紹介、レース結果(香港・シャティン競馬場)

*2018/12/9 レース結果を更新しました。

12月9日(現地)、香港・シャティン競馬場で香港カップ(G1)が開催。

日本からはサングレーサー(香港表記:白日彗星)、ステファノス(香港表記:善得福)、ディアドラ(香港表記:迪雅卓)の3頭が出走。

なお、香港国際競走はJRAで海外馬券の発売がされます。

公式サイト:JRAホームページ

 

香港カップ(G1)

香港国際競走

レース概要

香港 シャティン競馬場

12月9日 発走16:30(現地)

3歳以上 芝2000m

 

出走馬

*斤量の単位はポンド

馬番 ゲート

番号

馬名

性、馬齢

斤量 騎手 調教師
1 6 サングレーザー

牡 4歳

126 J.モレイラ 浅見秀一
2 7 タイムワープ

セ 5歳

126 Z.パートン A.クルーズ
3 9 ノーザンスーパースター

牡 5歳

126 K.ティータン A.ミラード
4 4 シーズンズブルーム

セ 6歳

126 R.ムーア C.シャム
5 5 ゴールドマウント

セ 5歳

126 O.マーフィー R.ギブソン
6 8 ストーミーアンタークティック

セ 5歳

126 J.ドイル E.ウォーカー
7 3 ステファノス

牡 7歳

126 W.ビュイック 藤原英昭
8 1 グロリアスフォーエバー

セ 4歳

126 S.デソウサ F.ロー
9 2 ディアドラ

牝 4歳

122 C.ルメール 橋田満

 

予想と買い目

1、2、5、6、9の5頭で3連複BOX。

資金は2000円でオッズを見ながら割り振ります。

 

レース結果

着順 馬番 馬名

性、馬齢

斤量 騎手 タイム
着差
調教師
1 8 グロリアスフォーエバー

セ 4歳

126 S.デソウサ 2:01.71 F.ロー
2 9 ディアドラ

牝 4歳

122 C.ルメール 1 橋田満
3 2 タイムワープ

セ 5歳

126 Z.パートン 1 1/4 A.クルーズ
4 1 サングレーザー

牡 4歳

126 J.モレイラ 2 1/2 浅見秀一
5 3 ノーザンスーパースター

牡 5歳

126 K.ティータン 2 3/4 A.ミラード
6 5 ゴールドマウント

セ 5歳

126 O.マーフィー 3 3/4 R.ギブソン
7 4 シーズンズブルーム

セ 6歳

126 R.ムーア 4 C.シャム
8 6 ストーミーアンタークティック

セ 5歳

126 J.ドイル 4 E.ウォーカー
9 7 ステファノス

牡 7歳

126 W.ビュイック 4 3/4 藤原英昭

 

グロリアスフォーエバー(Glorious Forever/GB)

父:Archipenko (USA)

母:Here To Eternity (USA)

母の父:Stormy Atlantic (USA)

馬主:Michael Kwan Wing Lok

調教師:F.ロー(香港)

 

レースまとめ

先頭グロリアスフォーエバー、2番手タイムワープののまま最後の直線に入り、後続が追い込みをかけます。しかし、グロリアスフォーエバーの脚色が衰えることなくそのまま逃げ粘ってゴールイン。2着は追い込んできたディアドラ、3着タイムワープ。

サングレーザーは4着に敗退。終始中団からレースを進めましたが、最後の直線で前を行く香港勢を捉えることができませんでした。ステファノスは終始後方で見せ場なく最下位に敗れましたが、7歳という年齢ではないでしょうか。

ディアドラは香港カップを目標にしてきただけあって2着と好走してくれました。前の2頭が残っている中、後方から伸びてきたのはディアドラだけ。2018年ドバイターフでも3着と好走しているので、今後の海外遠征でも期待が持てるようなレース内容でした。

なお、ベストターンドアウト賞は日本のサングレーザー陣営が受賞。

 

予想はグロリアスフォーエバーを押さえておらず外れです。