2020年度 第30回カルティエ賞(ヨーロッパ・年度代表表彰)が発表【年度代表馬はガイヤース】

11月20日(現地)、第30回カルティエ賞(ヨーロッパ・年度代表表彰)の各受賞馬が発表されました。

2020年度 第30回カルティエ賞

(The 30th Cartier Racing Awards 2020)

設立:1991年

発表日:2020年11月20日

 

2020年度カルティエ賞・受賞馬

年度代表馬のほか、最優秀2歳牡馬、最優秀2歳牝馬、最優秀3歳牡馬、最優秀3歳牝馬、最優秀古馬、最優秀スプリンター、最優秀ステイヤーの7部門。

*「馬名/(スラッシュ)」の後ろにあるアルファベット表記は生産国を示します。

年度代表馬(Horse of the Year)

ガイヤース(Ghaiyyath/IRE

*最優秀古馬と同時受賞

性・馬齢 ・5歳(2015年4月19日 生) 
Dubawi (IRE)
Nightime (IRE)
母の父 Galileo (IRE)
馬主 Godolphin
調教師 C.アップルビー(イギリス)
2020年成績

(通算成績)

5戦4勝(13戦9勝)
2020年の

主な勝鞍

コロネーションカップ(G1・2020/6/5 イギリス・ニューマーケット)

エクリプスステークス(G1・2020/7/5 イギリス・サンダウン)

インターナショナルスステークス(G1・2020/8/19 イギリス・ヨーク)

最優秀2歳牡馬(Two-Year-Old Colt)

ファンゴッホ(Van Gogh/USA)

性・馬齢 牡・2歳(2018年2月11日 生) 
American Pharoah (USA)
Imagine (IRE)
母の父 Sadler’s Wells (USA)
馬主 M Tabor & D Smith & Mrs J Magnier & Mrs D Nagle
調教師 A.オブライエン(アイルランド)
2020年成績

(通算成績)

7戦2勝(7戦2勝)
2020年の

主な勝鞍

クリテリウムアンテルナシオナル(G1・2020/10/24 フランス・サンクルー)

最優秀2歳牝馬(Two-Year-Old Filly)

プリティゴージャス(Pretty Gorgeous/FR)

性・馬齢 牝・2歳(2018年2月24日 生) 
Lawman (FR)
Lady Gorgeous (GB)
母の父 Compton Place (GB)
馬主 John C Oxley
調教師 J.オブライエン(アイルランド)
2020年成績

(通算成績)

5戦3勝(5戦3勝)
2020年の

主な勝鞍

デビュータントステークス(G2・2020/8/22 アイルランド・カラ)

フィリーズマイル(G1・2020/10/9 イギリス・ニューマーケット)

最優秀3歳牡馬(Three-Year-Old Colt)

パレスピア(Palace Pier/GB

性・馬齢 牡・3歳(2017年3月20日 生) 
Kingman (GB)
Beach Frolic (GB)
母の父 Nayef (USA)
馬主 Sheikh Hamdan bin Mohammed Al Maktoum
調教師 J.ゴズデン(イギリス)
2020年成績

(通算成績)

4戦3勝(6戦5勝)
2020年の

主な勝鞍

セントジェームズパレスステークス(G1・2020/6/20 イギリス・アスコット)

ジャックルマロワ賞(G1・2020/8/16 フランス・ドーヴィル)

最優秀3歳牝馬(Three-Year-Old Filly)

ラヴ(Love/IRE

性・馬齢 牝・3歳(2017年4月13日 生) 
Galileo (IRE)
Pikaboo (GB)
母の父 Pivotal (GB)
馬主 Michael Tabor & Derrick Smith & Mrs John Magnier
調教師 A.オブライエン(アイルランド)
2020年成績

(通算成績)

3戦3勝(10戦6勝)
2020年の

主な勝鞍

1000ギニーステークス(G1・2020/6/7 イギリス・ニューマーケット)

オークスステークス(G1・2020/7/4 イギリス・エプソムダウンズ)

ヨークシャーオークス(G1・2020/8/20 イギリス・ヨーク)

最優秀古馬(Older Horse)

ガイヤース(Ghaiyyath/IRE

*年度代表馬と同時受賞

性・馬齢 ・5歳(2015年4月19日 生) 
Dubawi (IRE)
Nightime (IRE)
母の父 Galileo (IRE)
馬主 Godolphin
調教師 C.アップルビー(イギリス)
2020年成績

(通算成績)

5戦4勝(13戦9勝)
2020年の

主な勝鞍

コロネーションカップ(G1・2020/6/5 イギリス・ニューマーケット)

エクリプスステークス(G1・2020/7/5 イギリス・サンダウン)

インターナショナルスステークス(G1・2020/8/19 イギリス・ヨーク)

最優秀スプリンター(Sprinter)

バターシュ(Battaash/IRE

性・馬齢 セ・6歳(2014年2月10日 生) 
Dark Angel (IRE)
Anna Law (IRE)
母の父 Lawman (FR)
馬主 Hamdan Al Maktoum
調教師 C.ヒルズ(イギリス)
2020年成績

(通算成績)

3戦3勝(23戦13勝)
2020年の

主な勝鞍

キングズスタンドステークス(G1・2020/6/16 イギリス・アスコット)

キングジョージステークス(G2・2020/7/31 イギリス・グッドウッド)

ナンソープテークス(G1・2020/8/21 イギリス・ヨーク)

最優秀ステイヤー(Stayer)

ストラディヴァリウス(Stradivarius/IRE)

性・馬齢 牡・6歳(2014年2月28日 生) 
Sea The Stars (IRE)
Private Life (FR)
母の父 Bering (GB)
馬主 B E Nielsen
調教師 J.ゴスデン(イギリス)
2020年成績

(通算成績)

6戦2勝(26戦16勝)
2020年の

主な勝鞍

ゴールドカップ(G1・2020/6/18 イギリス・アスコット)

グッドウッドカップステークス(G1・2020/7/28 イギリス・グッドウッド)

 

2020年度カルティエ賞・特別功労賞

(デイリー・テレグラフ功労賞/Daily Telegraph Award of Merit)

受賞者:ジョン・ゴスデン(John Gosden)調教師

イギリス出身、1951年3月30日生まれ。

イギリス・ニューマーケットを本拠地とする調教師。

1979年よりアメリカ・カリフォルニア州で調教師としてのキャリアをスタートさせ、ベイツモーテル(1983年エクリプス賞最優秀古牡馬)やロイヤルヒロイン(1984年エクリプス賞最優秀芝牝馬)などを管理。

1989年にイギリスに戻った同師は、ベニーザディップ(1997年ダービーステークス)や タグルーダ(2014年オークスステークス)などでイギリスのクラシック競走を制し、キングマン(2014年)、ゴールデンホーン(2015年)、エネイブル(2017年・2019年)、ロアリングライオン(2018年)の計5頭の年度代表馬(カルティエ賞ホースオブザイヤー)を輩出。

2018年には、エネイブルで史上初となる凱旋門賞(フランス)とブリーダーズカップ・ターフ(アメリカ)を同一年制覇。

G1競走(イギリス国外を含む)は100以上を制しており、2012年、2015年、2018年、2019年の計4度イギリスのチャンピオントレーナーの座を獲得するなど、調教師として大きな功績を残しています。