競馬ゲーム プレイステーション/PS1編・一覧

プレイステーション(PlayStation/PS1)でプレイできる競馬ゲームをご紹介。

また、ソニー(SONY)がセガ(SEGA)や任天堂と同時期に家庭用ゲーム業界でトップを争っていたこともあり、発売された作品は他の機種と同じ作品のものもあります。

簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せていません。あしからずご了承ください。

 

目次

プレイステーション/PlayStation(競馬ゲーム)

プレイステーション(PlayStation/PS1)でプレイできる(遊べる)競馬ゲームです。

 

一発逆転 ギャンブルキング伝説

競馬や競艇、競輪などが楽しめるシミュレーションゲーム。

ストーリーモードでは、プレイヤーが日本全国を回りアルバイトや競馬などで生計を立て、女性とデートし恋愛を成就させることが目的となる。

セガサターン(SEGA SATURN)版は「一発逆転 ギャンブルキングへの道」となっている。

発売日:1997年(平9年)1月10日

メーカー:POW

ジャンル:シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポストシリーズ/Winning Post(PS版)

スーパーファミコンで人気を博した競走馬育成シミュレーションゲーム「ウイニングポストシリーズ」は、プレイステーション版で8作品が発売。

SFC版のマイナーチェンジ版は、メディア媒体がCDになったことで容量が増えたこともありグラフィックやBGMが大幅に良化されています。

 

ウイニングポスト EX/Winning Post EX(PS版)

「ウイニングポスト」のマイナーチェンジ版。

プレイヤーは馬主兼生産者(オーナーブリーダー)となり、最終的には凱旋門賞での勝利を目指す。

データは最新版(発売当時)で実写画像が使用されている。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も発売されている。

発売日:1995年(平7年)12月29日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト2/Winning Post2(PS版) 

データが最新版(発売当時)でグラフィック・BGMが良化。

馬主(オーナー)として「30年」という期間が設定されており、その期間内で国内外のG1レース制覇を目指す。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も同時発売されている。

発売日:1996年(平8年)3月22日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト2 プログラム’96/Winning Post 2 Program’96(PS版)

ウイニングポスト2のレースプログラムを1996年版にしたもので、ペーパーオーナーゲームモードが追加。

なお、スーパーファミコン(SUPER Famicom/SFC)版とセガサターン(SEGA SATURN)版が同時発売されている。

発売日:1996年(平8年)10月4日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト2 ファイナル’97/Winning Post 2 Final’97(PS版)

ウイニングポスト2のレースプログラムを1997年版にしたもので、1998年以降に変更が確定しているものにも対応。

ウイニングポスト2プログラム’96からの大きな変更点としては以下の4つがある。

1:25名の騎手が実名で登場する。

2:馬主(プレイヤー)の専属騎手を育てられる。

3:馬主(プレイヤー)の行動や成績に応じて、特殊アイテムの入手イベントが追加。

4:パスワードによる種牡馬の引継ぎができる。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も同時発売されている。

発売日:1997年(平9年)10月2日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト3/Winning Post 3(PS版)

プレイヤーは馬主兼生産者(オーナーブリーダー)となり、任意の種牡馬のゲーム内における血統の支配率を高めていき、新たな系統を確立させることが目標となる。(血統支配率の目標が達成されなかった場合でも、プレイ続行可能)

本作より、強い競走馬を生産するための「配合理論」が本格的に導入された。

ゲームスタート時点で牧場を所有しており、「30年間」という時間制限が撤廃され、海外G1レースや地方交流レースが増加した。また26名の騎手が実名で登場する。

4つの長期イベントが用意されており、条件が整えば発生させることができる。

この作品からライバル馬主が登場する。(セガサターン版では登場しない。)

ジーワンジョッキーとの互換性があるため、育てた馬をジーワンジョッキーで走らせることが可能。(セガサターン版は「ジーワンジョッキー」との互換性なし。)

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も発売されている。

発売日:1998年(平10年)4月2日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト3 プログラム’98/Winning Post 3 Program’98(PS版)

ウイニングポスト3のレースプログラムを1998年版にしたもの。

短期目標を自由に設定することができ、達成した場合にはボーナスがある。

ジーワンジョッキーとの互換性があるため、育てた馬をジーワンジョッキーで走らせることが可能。(セガサターン版は「ジーワンジョッキー」との互換性はない。)

1999年に発売された「ジーワンジョッキー初回限定版」に同作品が同梱されている。

発売日:1998年(平10年)12月3日

メーカー:光栄

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト4/Winning Post 4(PS版)

馬主兼生産者(オーナーブリーダー)なって競走馬を育てるシミュレーションゲーム。海外の重賞レースが大幅に増加され、G1レース以外にもG2・G3のレースにも出走可能となった。

海外で生産された幼駒のセリに参加ができる、海外で繋養されている種牡馬との交配が可能になる、海外から種牡馬が輸入されるなど生産面では海外との関係性がより濃くなっている。

配合面では血脈活性化配合の概念が初登場し、一定条件を満たすことで発動する配合理論が登場した。

レースでは前の馬が壁になる、馬群に包まれるなど、実際の競馬のレースでもよく起こる現象がゲーム中のレースで再現されている。

産駒が活躍した種牡馬は新たな系統を成立させることが可能で、繁殖牝馬も実名で登場。

発売日:1999年(平11年)9月18日

メーカー:コーエー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ウイニングポスト4 プログラム2000/Winning Post 4 Program2000(PS版)

「ウイニングポスト4」のマイナーチェンジ版。

ポケットステーション(PocketStation)に対応しており、同機を使用してミニゲーム(ウイニングジャンパー)をプレイすることができる。

なお、ドリームキャスト(Dreamcast/DC)版も発売されている。

発売日:2000年(平12年)3月23日

メーカー:コーエー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ギャロップレーサーシリーズ(PS版)

プレイヤーが騎手となり、お手馬で大レースを制していくジョッキーアクションゲーム

1作目から人気が出たことによりシリーズ化され、プレイステーション(PlayStation/PS1)で4作品が発売。

 

ギャロップレーサー/GALLOP RACER

ギャロップレーサー1作目。

手持ちの資金で騎乗する競走馬を購入しレースに出走(騎乗)する。レースで好成績を残すと賞金を得られるので、賞金を稼ぎながらより強い競走馬を購入しつつ騎手として国内外のG1レース制覇を目指す。

レースでは競走馬の脚質パターンが10種類設けられており、脚質が「先行」や「差し」の馬にとっては位置取りが難しい。

一定条件を満たすことで海外レースや地方交流レースにも出走(騎乗)できるほか、購入できる競走馬も増える。

オリジナルの勝負服を作るが可能。

対戦機能はない。

発売日:1996年(平8年)9月27日

メーカー:テクモ

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

ギャロップレーサー2/GALLOP RACER 2

シリーズ2作目。

1作目にはなかった対戦機能やFH(フリーハンデ)で馬の強さを量るシステムが搭載され、競走馬データも1997年度のものにされている。

前作で細かく分けられていた脚質が4つに変更された。(逃げ、先行、差し、追込)

発売日:1997年(平9年)11月20日

メーカー:テクモ

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

ギャロップレーサー3/GALLOP RACER 3

シリーズ3作目。

グラフィックの改良、FH(フリーハンデ)は各馬ごとに上限が設置、競走馬データも1999年度のものにされている。

前作との大きな変更点は「自分の馬を作る」ことができるオリジナルホースシステム、競走馬のコンディションシステムを導入した。

ポケットステーション(PocketStation)に対応しており、連動させることでオリジナルホースの交換をしたりオプションから馬名エディットが可能。

発売日:1999年(平10年)3月18日

メーカー:テクモ

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

ギャロップレーサー2000/GALLOP RACER 2000

シリーズ4作目。

ナビゲーターに「川崎弥生」(かわさき やよい)が登場、競走馬データも2000年度のものにされている。

大きな変更点は「騎乗依頼システム」が導入され、騎乗依頼があればお手馬が出走するレース以外にも騎乗することができる。

オリジナルホースシステムでは、掛け合わせる競走馬が取得したタイトルやアビリティが仔の能力に大きく影響するようになった。

発売日:2000年(平11年)2月7日

メーカー:テクモ

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

キング オブ スタリオン/King Of Stallion

競走馬育成シミュレーションゲーム。

育成した競走馬をメモリーカードに登録することで、対戦プレイが可能。

発売日:1996年(平8年)7月26日

メーカー:日本物産

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

クラシック・ロードシリーズ/CLASSIC ROAD(PS版)

クラシック・ロードシリーズは、プレイステーション(PlayStation/PS1)で2作品が発売。

クラシック・ロード(PS版)

SFCで発売された「クラシック・ロード」のプレイステーション(PlayStation/PS1)版。

ゲームスタート時の資金1億円を元にゲーム内の一定期間(50年)牧場経営を行い、よりよい競走馬を育てあげる。

最大4人までのマルチプレイが可能。

レースシーンはフルポリゴンで展開される。

発売日:1995年(平7年)12月15日

メーカー:ビクターエンターテイメント

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

クラシック・ロード 優駿2

プレイステーション(PlayStation/PS1)版の2作目。

過去10年間(1988年から1997年)のクラシックレース歴代馬と対戦させ、4歳春(現3歳春)のクラシックレースを制覇を目指す。

発売日:1998年(平10年)4月2日

メーカー:ビクターエンターテイメント

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

クラシック・ロード2(PS版)

プレイステーション(PlayStation/PS1)版の3作目。

PS版1作目と同じゲームシステムに戻された。

発売日:1999年(平11年)4月1日

メーカー:ビクターエンターテイメント

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

サラブレッド達の栄光

競走馬育成シミュレーションゲーム。

最終目標は凱旋門賞制覇。

レースシーンは3タイプの視点で演出されている。

発売日:1996年(平8年)5月3日

メーカー:アイランドクリエイション

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

サラブレッドブリーダーシリーズ(PS版)

サブレッドブリーダーは、プレイステーション(PlayStation/PS1)で2作品が発売。

サラブレッドブリーダー 2 プラス

競走馬育成シミュレーションゲーム。

SFC版の2と同じく1964年(昭和39年)からプレイ開始。ただし、プレイ年終了はSFC版と異なり1994年(平成6年)となっている。

1964年(昭和39年)から1994年(平成6年)までの中央競馬のデータが収録。

発売日:1995年(平7年)11月17日

メーカー:ヘクト

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

サラブレッドブリーダー 世界制覇編

競走馬育成シミュレーションゲーム。

日本以外にも生産拠点が置くことができるようになり、日本国内外3000以上のレースにプレイヤーが育てた競走馬を出走させることができる。

レースでは位置取りや仕掛けどころが設定できる。

世界31の競馬場がポリゴンで表現されている。

メモリーカードを利用して対戦や馬の売買も可能。

発売日:1998年(平10年)4月23日

メーカー:ヘクト

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ジーワンジョッキーシリーズ(PS版)

プレイステーション(PlayStation/PS1)で2作品が発売。

騎手に特化したアクション&シミュレーションゲーム。プレイヤーは騎乗して勝ち星を積み重ね、1年目は新人賞、その後は騎手大賞を目指す。

別売りのウイニングポストシリーズと互換性がある。

 

ジーワンジョッキー/GI JOCKEY(初回限定版)

初回限定版はウイニングポスト3プログラム’98が同梱されている。

ウイニングポスト3プログラム’98で育てた馬をジーワンジョッキーで走らせることができるが、セガサターン版ウイニングポスト3プログラム’98との互換性はない。

発売日:1999年(平11年)3月11日

メーカー:コーエー

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

ジーワンジョッキー 2000/GI JOCKEY 2000

2000年度のレースプログラムに対応。

地方交流レースはG2・G3、海外G1レースも追加されている。

ウイニングポスト3プログラム’98とウイニングポスト4のデータに対応。

発売日:2000年(平12年)2月3日

メーカー:コーエー

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

実名実況競馬ドリームクラシック

競馬育成シミュレーションゲーム。

生産面ではミリオンクラシックと同様にDNA理論が使われている。

中央競馬以外に地方交流レースや海外レースにも出走することができる。

レースは実況音声付きで、実在馬や調教師・騎手が実名で登場。

発売日:2000年(平12年)5月18日

メーカー:バンダイ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

週刊Gallop ブラッドマスター

週刊Gallopが監修する競馬育成シミュレーションゲーム。

20人の調教師が出走ローテーションを自動的に組んでくれる。

日本以外にアメリカやヨーロッパで牧場を持つことができるので、世界的な種牡馬も登場する。また、自家生産した競走馬(牡馬)を種牡馬にすることもできる。

メモリーカードやパスワードで他のプレイヤーとのデータ交換が可能。

発売日:1999年(平11年)11月25日

メーカー:ポニーキャニオン

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ジョッキーゼロ/JOCKEY ZERO

騎手となり様々なレースを制していくアクションゲーム。

主人公は「馬と話せる」設定になっており、お手馬から体調やライバルに関係する情報が得られる。

その他、女性との恋愛を進めいくといったシミュレーション要素も組み込まれている。

対戦機能はない。

発売日:1996年(平8年)11月1日

メーカー:ライトスタッフ

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

SIMPLE1500シリーズ Vol.25 THE 競馬

プレイヤーは騎手となって各厩舎から騎乗依頼を受け、レースで勝利を目指し賞金を稼いでいくジョッキーアクションゲーム。

ジョッキーモードを含め3種類のモードが用意されている。

2人までの対戦可能で、対戦時は画面が上下2画面に分かれる仕様になっている。

発売日:2000年(平12年)3月30日

メーカー:D3 PUBLISHER

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

 

ステークスウィナシリーズ/(PS版)

アーケードで人気を博した「ステークスウィナー」の2作品がプレイステーションへ移植。

ステークスウィナー G1完全制覇への道

プレイヤーは騎手となり、お手馬に騎乗してG1制覇を目指すアクションゲーム。

アーケード版で登場した8頭の持ち馬を選択する事が可能で、コンシューマー版は生産や調教による育成するシステムが搭載された。

一定条件を満たすことで、海外2レース(凱旋門賞、ブリーダーズカカップ)にも挑戦できる。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も同時発売されている。

発売日:1996年(平8年)12月6日

メーカー:SNK/ザウルス

ジャンル:アクション/育成

メディア:CD-ROM

 

ステークスウィナー2 最強馬伝説

シリーズ2作目。

アーケード版を忠実に再現した「アーケードモード」、海外レース体系を再現した「海外アーケードモード」、本格的な生産・育成等も楽しめる「オリジナルモード」を搭載。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も発売されている。

発売日:1997年(平9年)5月9日

メーカー:SNK/ザウルス

ジャンル:アクション/育成

メディア:CD-ROM

 

ダービージョッキーシリーズ(PS版)

SFCで発売されたダービージョッキーシリーズがプレイステーション(PlayStation/PS1)版で2作品発売。

 

ダービージョッキー R/Derby Jockey R

PS版シリーズ1作目。

プレイヤーは騎手なって自身の成長とともにお手馬を育てながら大レースを制していくアクションゲームで、国内のレースのほかブリーダーズカップや凱旋門賞などの海外レースにも参戦ができるようになった。

対戦機能はない。

発売日:1997年(平9年)2月28日

メーカー:アスミック・エース

ジャンル:シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ダービージョッキー 2001/Derby Jockey 2001

PS版シリーズ2作目。

2000年に大幅改正された最新の番組表(当時)のレースプログラム対応。

中央競馬全10場をほぼ正確にシミュレートされ、調教システムが復活。

対戦機能はない。

発売日:2001年(平13年)1月18日

メーカー:アスミック・エース

ジャンル:シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ダービースタリオンシリーズ/ダビスタ(PS版)

ファミコン版から続くダビスタシリーズは、プレイステーション(PlayStation/PS1)で2作品が発売。

ダービースタリンオン/ダビスタ(PS版)

プレイヤーが馬主兼生産者(オーナー)、調教師となり所有している競走馬を育成しG1レースを制していく競馬シミュレーションゲーム。

セガサターン(SEGA SATURN)版「ダビスタ」とほぼ変わりないが、大きく異なる部分は最大出走頭数が16頭になっているところ。

生産面ではニトロ理論が登場。

ブリーダーズカップが強化され、セガサターン(SEGA SATURN)版「ダビスタ」や「ダビスタ98(ニンテンドウパワー専売ソフト)」の各パスワードが使用可能となっている。

発売日:1997年(平9年)7月11日

メーカー:アスキー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ダービースタリンオン99/ダビスタ99

プレイヤーが馬主兼生産者(オーナー)、調教師となり所有している競走馬を育成しG1レースを制していく競馬シミュレーションゲーム。

勝負根性によって「大逃げ」と「まくり」ができるようになる、レース画面は滑らかになるなど細かい改良が加えられている。

ポケットステーション(PocketStation)に対応しており、データ交換や自身と他者が育成した馬を対戦させることが可能。

発売日:1999年(平11年)9月30日

メーカー:アスキー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ターフウィンド’96 武豊 競走馬育成ゲーム(PS版)

プレイヤーが育てた競走馬と実在馬を対戦させることができる競馬育成シミュレーションゲームで、武豊騎手がゲーム内のところどころで実際に喋ってくれます。

1995年データに対応(1996年新設重賞にも対応)しており、某競馬専門紙の協力により騎手50名と競走馬2000頭が実名で登場。

競走馬データやG1レースのVTRがおさめられている。

なお、セガサターン(SEGA SATURN)版も同時発売されている。

発売日:1996年(平8年)9月27日

メーカー:ジャレコ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ディスクダービー 名馬をつくろう!!

競馬育成シミュレーションゲーム。

システムは「ダービースタリオン」とにているが、音楽CDを使って馬を生成する。

レース中、残り100mでコントローラーのボタンを連打することで愛馬のダッシュ力が上がる。

メモリーカードで対戦が可能。

タイトルに「名馬をつくろう」となっていますが、セガの「つくろう」シリーズではありません。

発売日:2000年(平12年)3月30日

メーカー:ダズ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

バーチャルギャロップ騎手道

南井克巳氏(1996年当時騎手/1999年騎手引退)が監修したジョッキーアクションゲーム。

プレイヤーは馬を育てレースに騎乗し勝利を目指す。

南井氏の重賞レース映像やインタビューや過去3年のレースデータが収録されており、レースシーンはポリゴンにより展開される。

対戦機能はない。

発売日:1996年(平8年)12月27日

メーカー:サン電子

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

【バーチャルギャロップ 騎手道(vulue1500)】

発売日:2000年(平12年)9月7日

メーカー:サン電子

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

ブリーディングスタッドシリーズ

ブリーディングスタッドシリーズは、プレイステーション(PlayStation/PS1)で3作品が発売。

ブリーディングスタッド 牧場で逢いましょう

競馬育成シミュレーションゲーム。

中央競馬のほか、地方交流レースや海外レースに出走することができる。

オート調教搭載、メモリカードによる対戦が可能。

レースシーンは3Dポリゴンで表現され、音声実況あり。

発売日:1997年(平9年)3月27日

メーカー:コナミ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ブリーディングスタッド2

ブリーディングスタッドシリーズ2作目。

レースは音声実況付き。

前作との大きな変更点は、育成した競走馬(牡馬)を種牡馬にできるようになったこと。

発売日:1998年(平10年)7月30日

メーカー:コナミ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

ブリーディングスタッド99

ブリーディングスタッドシリーズ3作目。

レースは音声実況付き。

1999年度レースプログラムとワイド馬券に対応。

発売日:1999年(平11年)11月11日

メーカー:コナミ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

みどりのマキバオー 黒い稲妻 白い奇跡

つの丸氏の同名漫画をゲーム化。

プレイヤーは主人公マキバオーを鍛えてレースに挑む。レース結果によってゲームの進行が変わり、コマンド選択方式のアドベンチャーセクションで物語が進んでいく。

特訓(調教)は「あわせ馬」、「追いきり」、「森林駆け下り」、「坂路」、「水泳」の5種類。

ボタンの組み合わせによってレースや特訓(調教)を行うキーコンボアクションとなっている。

アニメと同じ声優が起用されており、またゲーム用に数千のカットにも及ぶアニメーシーンが用意され、アニメ主題歌「走れマキバオー」もオープニングテーマとして収録。

発売日:1998年(平10年)3月19日

メーカー:アクセラ

ジャンル:アドベンチャー

メディア:CD-ROM

 

ミリオンクラシック/MILLION CLASSIC

競馬育成シミュレーションゲーム。

競走馬の生産にDNAを取り入れ、種牡馬と繁殖牝馬のDNAの掛け合わせで生まれる馬の能力が決まる。

実在した競走馬のほか、調教師や騎手が実名で登場。

発売日:1999年(平11年)3月18日

メーカー:バンダイ

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

リーディングジョッキーシリーズ(PS版)

リーディングジョッキーシリーズは、プレイヤーが騎手となって大レースを制していくジョッキーアクションゲームで2作品が発売。

 

リーディングジョッキー ハイブリッド/Leading Jockey HYBRID

シリーズ1作目。

種付けから追切、騎手となってレースに臨む。レースプログラムは1996年に対応。

再現コースは芝とダートの10コースが用意されており、各コースの特徴が再現されている。

対戦システムは2種類搭載されており、レースシーンは3Dで画面上下2分割の通常対戦のほか通信対戦(別途通信ケーブルが必要)も可能。

発売日:1996年(平8年)10月10日

メーカー:ハーベストワン

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

リーディングジョッキー’99/Leading Jockey’99

シリーズ2作目。

騎手としてレースに騎乗、競走馬の2代目誕生までを育成する。

競走馬・繁殖馬に実名が使用されている。

対戦モードは最大2人までで、通信対戦はできない。

発売日:1999年(平11年)4月1日

メーカー:ハーベストワン

ジャンル:アクション

メディア:CD-ROM

 

わくわくダービー

競馬育成ボードゲーム。

ゲームの進行がボードシステムになっており、サイコロを振ってボード上を進んで行き止まったマスで馬の能力値を上げていく。

ゴールするとレースに切り替わり、好成績を残すと賞金が得られる。

最大4人までのマルチプレイが可能。

発売日:1997年(平9年)12月18日

メーカー:ケイエスエス

ジャンル:ボードゲーム

メディア:CD-ROM

 

競馬予想ソフト(PS版)

プレイステーション(PlayStation/PS1)対応の競馬予想ソフト。

記録媒体がCDになったため、カードリッジとは比較にならないデータが収録されるようになり、より予想に役立つようになっています。

とはいっても、面倒くさいデータ入力が必要になります。

 

改新! ダービーアナリスト 

データ入力しレース結果を予想してくれる競馬予想ソフト。

予想ロジックを現在の競馬状況(当時)に合わせた新バージョン。

発売日:2000年(平12年)12月21日

メーカー:メディアエンターテイメント

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬エイトシリーズ

競馬エイトシリーズは3作品が発売。

 

競馬エイト’98春夏

14年分のJRAグレードレースデータ、9年分の全レースデータを収録。

「予想展開再生モード」では、テレビ中継のようなリアルなレースシーンが見られる。

発売日:1998年(平10年)4月29日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬エイト’98秋冬

過去10年分の全レースデータを収録。

同競馬雑誌のレース予想データを入力することで、1レース15分で予想結果が得られる。

前作で好評だった「予想展開再生モード」は3Dフルポリゴンで展開され、よりリアルなレースシーンになっている。

発売日:1998年(平10年)10月22日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬エイト’99春夏

過去10年半の全レースデータを収録。

タイムや着順などの過去のレースデータの入力が不要となり、初心者にやさしい仕様になった。

「予想展開再生モード」では、前作同様3Dフルポリゴンで展開される。

発売日:1999年(平11年)4月1日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則シリーズ

競馬最強の法則シリーズは6作品が発売。

実際の競馬場やWINSへ行くための地図や競馬用語辞典が収録されていたり、予想以外の部分も充実しています。

 

競馬最勝の法則’95

過去11年分のグレードレースと過去6年分の全レースを収録。

中央競馬場・WINSの交通機関マップ、競馬用語辞典が付いている。

発売日:1995年(平7年)6月23日

メーカー:コピアシステム

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則’96 VOL1

過去12年分のグレードレースと過去7年分の全レースデータを収録。

収支決算表で自身の収支計算が簡単にでき、また操作もマウス対応になった。

発売日:1996年(平8年)1月13日

メーカー:コピアシステム

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則’96 VOL2 G1-ROAD

過去12年8か月分のグレードレースと過去7年8か月分の全レースデータを収録。

万馬券分析や大穴予想が追加。

発売日:1996年(平8年)11月1日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則’97 VOL1 狙え!万馬券!

過去13年分のグレードレースと過去8年分の全レースのほか、競走馬・騎手・厩舎・種牡馬などのデータを収録。

タイトルどおり、万馬券狙いの予想が強化された。

発売日:1997年(平9年)4月11日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則’97 VOLII TO!HIT!

過去13年8か月分のグレードレースと過去8年8か月分の全レースデータを収録。

検索スピードが高速化され、「勝ち馬予想」機能での比率設定を各競馬場ごとに最適に自動設定ができるようになった。

発売日:1997年(平9年)10月16日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

競馬最勝の法則’99秋冬

過去15年のレースデータを収録。

レース詳細・競走馬・騎手・厩舎などのデータを収録。

予想に基づいたレースシミュレーション(3D映像)を見ることができる。

発売日:1999年(平11年)10月21日

メーカー:シャングリ・ラ

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

パワーステークスシリーズ 

パワーステークスシリーズは3作品が発売。

3作品ともデータ入力後に仮想レースを見ることができます。

 

パワーステークス 競馬実況予想

1996年春のG1レース映像が収録されている。

発売日:1997年(平9年)4月11日

メーカー:スクウェア

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

パワーステークス グレード1 競馬実況予想

各ファイル間でのデータ移動が可能になり、データ入力にも改良が加えられた。

過去10年の重賞データが収録されている。

発売日:1997年(平9年)10月9日

メーカー:スクウェア

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

パワーステークス2 競馬実況予想

種牡馬産駒データや過去15年の重賞データが収録されている。

発売日:1998年(平10年)4月9日

メーカー:スクウェア

ジャンル:競馬予想シミュレーション

メディア:CD-ROM

 

プレイステーション/PS1のゲームを探す

【Amazonで探す】

【楽天市場で探す】

【Yahoo!で探す】


その他の競馬ゲーム

関連記事

*随時更新予定です。(2021/8/21 更新) 同じような方も多いかと思いますが、私が競馬に興味をもったのは「ゲーム」から。 その作品はスーパーファミコン(SFC)で発売された「ウイニングポスト」の1作目。これをプレイしたこと[…]

関連記事

ここでは、ファミコンでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 発売当時に人気を博し、その後シリーズ化された作品もあります。それなりの年齢の方は懐かしく感じるでしょうし、逆に若い方がプレイすれば新鮮に感じるかもしれませんね。  […]

関連記事

ここでは、スーパーファミコンでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 ファミコン時代から容量が増えたこともあり、グラフィックやBGMが大幅にパワーアップ。 ファミコンで人気を博したダビスタの続編や、スーパーファミコンからスタートした有[…]

関連記事

ここでは、ゲームボーイでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 持ち運びができる携帯ゲーム機のため、「競馬予想」の作品がファミコンやスーパーファミコンよりも多く発売されています。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せてい[…]

関連記事

NINTENDO64・ゲームキューブでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 「競馬」というジャンルに絞ると、発売された作品数が少ないため1つにまとめています。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せていません。あしからず[…]

関連記事

セガサターン(SEGA SATURN/SS)、ドリームキャスト(Dreamcast/DC)でプレイできる競馬ゲームをご紹介。 「競馬」というジャンルに限ると、発売された作品数が少ないので1つにまとめています。 また、セガ(SEG[…]

関連記事

プレイステーション2(PlayStation2/PS2)で発売された競馬ゲームをご紹介。 インターネットが普及したためか「競馬予想」に特化した作品は1つも発売されていません。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せて[…]