競馬ゲーム PSP/PSVita編・一覧

プレイステーションポータブル(PlayStation Portable/PSP)、プレイステーションヴィータ(PlayStation Vita/PSVita)で発売された競馬ゲームをご紹介。

簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せていません。あしからずご了承ください。

*プレイステーションヴィータ(PlayStation Vita/PSVita)ではゲームをプレイするために別売りのメモリーカードが必須です。

 

ウイニングポストシリーズ/Winning post(PSP/PSVita)

スーパーファミコンで人気を博した競走馬育成シミュレーションゲーム「ウイニングポストシリーズ」は、マイナーチェンジされたものを含めプレイステーションポータブル(PlayStation Portable/PSP)、プレイステーションヴィータ(PlayStation Vita/PSVita)で11作品が発売。

 

ウイニングポスト 6 2006/Winning Post 6 2006(PSP/PSVita)

「ウイニングポスト6」のマイナーチェンジ版で2006年度レースプログラムに対応。

生産面では初心者にも配慮され、配合理論や用語を事典形式で自動保存する「配合理論ファイリングシステム」を搭載。

PSP、PSVitaともにダウンロード対応。

発売日:2006年(平18年)8月24日

メーカー:コーエー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト 6 2008/Winning Post 6 2008(PSP)

「ウイニングポスト6」のマイナーチェンジ版で2008年度レースプログラムに対応。

「ウイニングポスト6 2006」のストーリーデータの引継ぎにも対応。

発売日:2008年(平20年)6月26日

メーカー:コーエー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト 7 2009/Winning Post 7 2009(PSP)

「ウイニングポスト7」のマイナーチェンジ版で2009年度レースプログラムに対応。

2010年開始シナリオが追加。

PSP版「ウイニングポスト6」シリーズと連動。ストーリーモードでは牧場施設や所持金を引き継いでプレイすることが可能で、対戦モードでは本作またはPSP版「ウイニングポスト6」シリーズの対戦馬データを使用することで、ユーザー同士の対戦が可能。

発売日:2009年(平21年)10月1日

メーカー:コーエー

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト 7 2010/Winning Post 7 2010(PSP)

「ウイニングポスト7」のマイナーチェンジ版で2010年度レースプログラムに対応。

2011年スタートのシナリオが追加。

UAEのメイダン競馬場(UAE)、ジャパンカップダートへのステップレース「みやこステークス」などが追加。

PS3版と両方を揃えることで有利な状況からゲームを開始することが可能。

レースシーンはウイニングポストシリーズ初となる実況音声付きで、音声担当は矢野吉彦氏。

発売日:2010年(平22年)9月22日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト 7 2012/Winning Post 7 2012(PSP)

「ウイニングポスト7」のマイナーチェンジ版で2012年度レースプログラムに対応。

2013年スタートのシナリオが追加され、実在馬イベントも30個以上追加。

新やりこみ要素として「激闘譜」を搭載。

「チャンピオンジョッキー」及び、ソーシャル・競馬シミュレーション「100 万人のウイニングポスト」とデータ連動。

PS3版と両方を揃えることで有利な状況からゲームを開始することが可能。

発売日:2012年(平24年)3月15日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト 7 2013/Winning Post 7 2013(PSP/PSVita)

「ウイニングポスト7」のマイナーチェンジ版で2013年度レースプログラムに対応。

2013年スタートのシナリオが追加され、実在馬イベントも30個以上追加。

レースシーンでは、プレイヤーが名付けた馬名も実況させる音声合成を導入。

PSP、PSVitaともにダウンロード対応。

発売日:2013年(平25年)3月14日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ウイニングポスト8/Winning Post 8(PSVita)

2014年度レースプログラム対応。

1982年からスタートし発売年度までの史実期間に登場した実在馬がライバルとなる。

史実期間終了以降は、そのまま継続して競馬史を進めるほか、1982年に戻って周回プレイをすることもできる。

モードA、モードB、モードCの3つのモードが用意されており、いずれも基本的には史実どおりにストーリーを進行していく。

(モードA、モードBは実在馬が史実通りの年に誕生・引退・死去するが、モードCでは流動的になっている。)

実名騎手が多数登場、また新キャラクターが追加。

牧場が3Dモデル化され、プレイヤーの結婚が可能となった。

配偶者との間に生まれた子は、育成することで調教師や騎手にさせることができるなど人物の血縁関係が導入。

オンライン対戦が搭載され、対戦で好成績を収めることでオンライン上で馬主・競走馬のランキングが上昇する。

PS3版とPSVita版でセーブデータを共有できる“クロスセーブ”機能に対応。

発売日:2014年(平26年)3月27日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:PS Vitaカード

 

ウイニングポスト8 2015/Winning Post 8 2015(PSVita)

「ウイニングポスト8」のマイナーチェンジ版で2015年度レースプログラムに対応。

大きな変更点としてしては下記5点である。

・秘書と結婚が可能。(結婚した秘書は引退し、新たな秘書が加わる)

・国内に牧場分場の開設が可能、牧場に建設できる施設の増加。

・5年に一度、海外の有名馬主と対決が可能になる。

・100個以上のイベントが追加。

・オンライン対戦に「史実馬対戦」を搭載。

発売日:2015年(平27年)3月12日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:PS Vitaカード

 

ウイニングポスト8 2016/Winning Post 8 2016(PSVita)

「ウイニングポスト8」のマイナーチェンジ版で2016年度レースプログラムに対応しており、海外の一流騎手が実名で登場する。

大きな変更点としてしては下記4点である。

・最高難易度「ULTIMATE」が追加。

・ウイニングポスト7シリーズに搭載されていたクラブ法人の設立が復活。(クラブ法人のランキング、経営状況を表す「会員数」「売れ行き」などが追加され、経営シミュレーションも体験できる)

・秘書チャレンジが導入され、秘書候補達から用意された目標を達成することで報酬が獲得できる。

・「調教」要素が導入され、調教方針を設定すすれば「距離適性」や「脚質」などの能力強化ができる。

PS4、PS3間のクロスセーブに対応。

発売日:2016年(平28年)3月31日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:PS Vitaカード

 

ウイニングポスト8 2017/Winning Post 8 2017(PSVita)

「ウイニングポスト8」のマイナーチェンジ版で2017年度レースプログラムに対応。

大きな変更点としてしては下記5点である。

・「歴代名馬100選」ランキングが導入。

・国内G1の大阪杯とホープフルステークスが追加、海外レースではペガサスワールドカップを追加。

・レースシーンのカメラワークを大幅に強化。

・競走馬育成助けてくれる「お守りボーナス」や「強化トレーニング」が追加。

・オンライン対戦をゲーム本編から手軽にオンラインへ接続できるようになった。(ストーリーモードで特定のG1に勝利すると、直接参加できる形式)

PS4、PS3間のクロスセーブに対応。

発売日:2017年(平29年)3月2日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

 

ウイニングポスト8 2018/Winning Post 8 2018(PSVita)

「ウイニングポスト8」のマイナーチェンジ版で2018年度レースプログラムに対応。

調教要素が刷新され、プレイヤー自身で「コース」、「強さ」、「併せ馬の有無」を設定し調教スケジュールを組むことができる。(自動での調教を行うことも可能)

ランクがこれまでのC・B・A・Sの4段階から下位ランクのG・F・E・Dとそれぞれの+を含めた16段階に拡張。

新キャラクターや自らの手で夢のレースを作り上げる「ドリームマッチ」が追加。

発売日:2018年(平30年)3月15日

メーカー:コーエーテクモゲームス

ジャンル:競馬育成シミュレーション

 

競馬通ポータブルシリーズ(PSP)

JRA公式データが収録されいる。2作品ともに、オリジナルの理論に基づいた買い目予想が可能。

 

競馬通ポータブル JRA公式データ22年分収録(PSP)

JRA公式データが過去22年分の収録されており、競馬に関するクイズが150,000問収録されている。

発売日:2008年(平20年)5月15日

メーカー:マイナビ

ジャンル:競馬データ/予想/クイズ

メディア:UMD

 

競馬通ポータブル2 JRA公式データ23年分収録(PSP/PSVita)

JRA公式データが過去23年分の収録されている。データとリンクした競馬クイズ15万問のほか、「競馬通検定」として10段階の難易度で出題される1,000問が収録。

PSP、PSVitaともにダウンロード対応。

発売日:2009年(平21年)4月16日

メーカー:マイナビ

ジャンル:競馬データ/予想/クイズ

メディア:UMD

 

ダービースタリオンP/ダビスタP(PSP)

ファミコンから続くダビスタシリーズは、プレイステーションポータブル(PlayStation Portable/PSP)で1作品が発売。

プレイヤーが馬主兼生産者(オーナー)、調教師となり所有している競走馬を育成しG1レースを制していく競馬シミュレーションゲーム。

種牡馬や番組表などのデータが最新(当時)に対応。

調教ムービーのスキップが可能。

発売日:2006年(平18年)7月27日

メーカー:エンターブレイン

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ダービータイムシリーズ(PSP)

「ダービー制覇」を目指す競走育成シミュレーションゲームで2作品が発売。

ダービータイム/Derby Time(PSP)

生産時の配合や施設拡充するなどして、より強い競走馬を育てる。

実名馬2700頭、実名騎手42人が登場し、16場の競馬場が再現・レースは最大18頭立てとなっている。

初心者にもプレイしやすようチュートリアルが用意されており、調教に関しても全て「お任せ」になっている。

通信対戦では最大9人同時対戦が可能。

発売日:2005年(平17年)4月21日

メーカー:ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

ダービータイム 2006/Derby Time 2006(PSP)

前作ダービータイムのマイナーチェンジ版。

2006年度最新データ対応。

再現された競馬場が前作より1場増え、計17の競馬場が再現されている。

通信対戦では最大9人同時対戦が可能。

発売日:2006年(平18年)3月2日

メーカー:ソニー・コンピュータエンタテインメント

ジャンル:競馬育成シミュレーション

メディア:UMD

 

PSP/PSVitaのゲームを探す

【Amazonで探す】

【楽天市場で探す】

【Yahoo!で探す】


その他の競馬ゲーム

関連記事

*随時更新予定です。(2021/8/21 更新) 同じような方も多いかと思いますが、私が競馬に興味をもったのは「ゲーム」から。 その作品はスーパーファミコン(SFC)で発売された「ウイニングポスト」の1作目。これをプレイしたこと[…]

関連記事

プレイステーション(PlayStation/PS1)でプレイできる競馬ゲームをご紹介。 また、ソニー(SONY)がセガ(SEGA)や任天堂と同時期に家庭用ゲーム業界でトップを争っていたこともあり、発売された作品は他の機種と同じ作品のも[…]

関連記事

プレイステーション2(PlayStation2/PS2)で発売された競馬ゲームをご紹介。 インターネットが普及したためか「競馬予想」に特化した作品は1つも発売されていません。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せて[…]

関連記事

プレイステーション3(PlayStation3/PS3)で発売された競馬ゲームをご紹介。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せていません。あしからずご了承ください。   ウイニングポストシリーズ/Win[…]

関連記事

セガサターン(SEGA SATURN/SS)、ドリームキャスト(Dreamcast/DC)でプレイできる競馬ゲームをご紹介。 「競馬」というジャンルに限ると、発売された作品数が少ないので1つにまとめています。 また、セガ(SEG[…]

関連記事

ここでは、ファミコンでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 発売当時に人気を博し、その後シリーズ化された作品もあります。それなりの年齢の方は懐かしく感じるでしょうし、逆に若い方がプレイすれば新鮮に感じるかもしれませんね。  […]

関連記事

ここでは、スーパーファミコンでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 ファミコン時代から容量が増えたこともあり、グラフィックやBGMが大幅にパワーアップ。 ファミコンで人気を博したダビスタの続編や、スーパーファミコンからスタートした有[…]

関連記事

ここでは、ゲームボーイでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 持ち運びができる携帯ゲーム機のため、「競馬予想」の作品がファミコンやスーパーファミコンよりも多く発売されています。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せてい[…]

関連記事

NINTENDO64・ゲームキューブでプレイできる競馬ゲームをご紹介。 「競馬」というジャンルに絞ると、発売された作品数が少ないため1つにまとめています。 簡単な紹介だけで各タイトルの画像や詳しい解説は載せていません。あしからず[…]